iPhoneの充電ケーブルを3mの長いやつにすると生活がちょっといい感じになる

今まで寝室で90cmのLightningケーブルを使っていたのですが3メートルの長いやつに買い換えてみたところこれがなかなかいい感じですよという報告です。

Anker PowerLine+の3メートルのケーブル買ったった

GR010971
箱です。

GR010975
中身です。赤い。なぜなら赤いケーブルを買ったからです。

GR010976
ケーブルの他の内容物はこの紙だけ。

GR010977
Happy?

GR010978
Happy? をめくると「気に入ってくれたらシェアしてくれると嬉しいな!」的なメッセージが。

GR010979
Not happy?

GR010980
めくるとサポートへの連絡先が。シンプルでいいですね。

ANKER製品には2つの保証があります。

ひとつは購入日より30日以内であれば理由に関わらず破損していないAnker製品を返品することで全額返金を受けることができる「30日間返金保証」

もうひとつは購入日から18ヶ月の間、製品に不具合が生じた場合にANKER社の送料負担による代替品への交換もしくは返金の対応をしてくれる「18ヶ月製品保証」

気に入らなかったら返品できる & 1年半まで故障の面倒を見てくれるという値段の割に厚いサービス。

GR010981
というわけで購入したLightningケーブル(3.0m)です。ジャイアント馬場さん1.5人分の長さです。

手に取った瞬間に驚くのがその頑丈さ。高耐久ケブラー素材の防弾仕様とのことなので万が一撃たれても安心。

GR010982
ケーブルをとりまとめる結束バンドが付いてます。マジックテープ。地味に便利。

GR010984
伸ばしてみました。長え。

寝室で使うケーブルを長いやつにすると充電しながらベッドでゴロゴロし放題で最高

で、数日これを寝室で使ってみたところいい感じなのです。

今まで90cmのLightningケーブルをベッドの上で使っていた時は長さの制限があるため充電時はコンセント側を向いて操作する必要があり、その状態で逆方向に寝返りが打ちたくなったら毎回

  1. ケーブルを抜く
  2. 寝返りを打つ
  3. また元の方向に寝返りを打つ
  4. 再度ケーブルを挿す

というステップが必要で、「別にそこまで困ってないけど毎回抜き差し必要なのちょっとだるい」というモヤモヤがあったのですが完全に解消されました。充電しながら寝返り打ち放題で最高です。

抜いたり挿したりするのに1日10秒程度だとしても1年で3650秒=約1時間にもなるので、まあ悪い買い物ではなかったのだと思います。と自分に言い聞かせています。タイムイズマネーなんやで!

まとめ

買う時は「1.8メートルで十分な気がするけどなあ」と迷って値段見たら1.8メートルと3.0メートルの差額が100円ぐらいだったので大は小を兼ねる的な気持ちで3.0メートルのケーブルを買ったのですが付属の結束バンドがとてもいい仕事をしてくれるので結果オーライでした。

「うおおおお買ってよかったよおおおお!!!」というよりも「あ、けっこういいかも」みたいなテンションで総合的にはとてもHappyです。

ベッド上での充電事情に困っている人や突然の銃撃戦に耐えられるケーブルをお探しの人はぜひどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です