咳喘息(せきぜんそく)っぽかったので「アスクロン」っていう薬飲んだら一発で咳止まった

風邪ひいて2日ぐらいで治ったのですがその後1週間ぐらい咳だけが止まらず、寝てる時にも突然ゴホゴホしだして安眠できない状態だったんです。

どうしたもんかなーと思いながら例によってインターネットに「咳 止まらない」というそのまんまの検索ワードを投げたら「咳喘息(せきぜんそく)」という病名を手に入れることに成功しました。

咳喘息の症状

  • 風邪のあとに咳だけが残る
  • 普通の喘息のようにゼーゼーヒューヒューみたいな音は鳴らない
  • 夜中から明け方にかけて咳がひどくなる
  • 普通の風邪薬で治らない
  • コンコン、ゴホゴホという乾いた咳が続く

すごい。全部当てはまった。

アスクロン飲んで咳喘息を治そう

GR011225
というわけで市販薬で対処することにしました。アスクロンというやつです。

GR011223
有効成分です。なるほど全くわからん。

GR011286
説明書には詳しく記載がありました。

GR011222
食後に1包。1日3回まで。

GR011224
パケです。

飲んでみたら死ぬほど苦かったので舌の奥に置いて多めの水で飲むといいです。

アスクロンめっちゃ効く

で、良薬口に苦しと信じて飲み終えて15分ぐらい横になっていたら「あれ…? 咳が出ない! おおおおお!」という感じでわりとすぐに効果を実感できました。ひどい時には10秒おきくらいにコンコン言ってた咳がピタ止まり。すごいすごい。

その後念のために3日間朝昼晩に飲み続けた結果見事に完治。

おかげで平穏な日々を取り戻すことに成功しました。咳がずっと続くと安眠できないわ体力奪われるわで大変だったのでアスクロンさまさまです。ありがとう大正製薬。

まとめ

咳喘息って気道が炎症を起こして狭くなってちょっとした刺激(呼吸や会話など)にも反応して咳が出ちゃうという症状で、ほっとくと気管支喘息に移行してさらにヤバいことになるらしいので早めに治ってよかったです。

今回は湯冷め→風邪→咳喘息という三段オチを食らったのですが、そもそも肌寒い日に湯上り状態のまま朝方まで仕事してたのが原因で、自己管理の意識を改めなきゃなーという気持ちです。

健康が一番。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です