山菜を茹でた。春なので

「春なので」って打とうとしたらEl Capitanの予測変換で「はるな愛」って一瞬出てくるのめっちゃノイズって感じがします。その文字列が出た瞬間にニューハーフに脳をハックされて何書こうと思ってたか完全に忘れた。

(chkdsk /r:データを修復しています)

山菜を茹でたんです。完全に先日観た『リトル・フォレスト』っていう映画の影響です。

DSC06708
こごみ。100円。高いのか安いのかよくわからない。ふきも買いました。

DSC06710
というわけでおもむろに塩茹でします。ふきは5分、こごみは1分。ふきを茹でて4分経ったらこごみを追加投入するオペレーション。

DSC06713
ゆだったら冷水にとります。

こごみ、先っちょは青虫みたいでぐるぐるしててキモいし全体的に黒いゴミみたいなのついてるし人類で1番最初にこれ食べた人正気じゃないと思う。

DSC06714
味付けとかよくわからなくて迷ったらマヨっとけの精神でマヨネーズつけて毒味しました。山菜らしい味がします。

DSC06718
盛り付けました。

わさびマヨネーズで食べたところなかなか美味しかったです。めっちゃうまいって言いながらガツガツ食べるようなものではなく無意識につまんでたら減ってるみたいな感じ。季節のものだし今後も年に1回ぐらい食べてもいいかもしれないですね。

DSC06719
ふきは水にとってから筋をとります。

DSC06720
適当にカット。

DSC06721
あとは油揚げとちくわと一緒に煮ました。白だし、酒、醤油で薄めに味付け。半分は優しさでできていますみたいな味になりました。

ふき、調理してる時は下処理が必要で面倒くさいなーと思ったのですがいざ食べてみるとその手間をかけた甲斐があったわと思う、春らしい味がします。他に似た味の野菜がパッと思いつかない。

ふきにしか出せない、代替不可能な味。そんな人間になりたいですね。まとめる文章が思いつかないのでそれっぽいことを言いました。おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です