アルバムリリース翌日に死にかけてる話

おかげさまで『苦悩と日々とど幸せ』の発売日を生きて迎えることができました。挨拶周りに行かせて頂いたら多くの店舗で大展開していただいていて、ありがとうを何回言えばいいのかわからないレベルです。

IMG_1665 IMG_1667 IMG_1668 IMG_1671

 

サインさせて頂いたりCDショップの方に写真撮ってもらったりしたので、よかったらチェックしてやってください。

 

 

 

 

 

挨拶周りを終えて、「ビール一杯だけ飲んで解散しましょう」という提案に同意したはずが、結局15回以上おかわりしてて気づいたら朝まで飲んでました。一番覚えてるのは宮地さんが居酒屋出た瞬間向かいのビルの前のコンクリートの上で「おやすみ!」って寝だしたときで、最高にロックでしたしその堂々とした振る舞いは宮地さんの家のリビングにしか見えませんでした。コンクリートなのに。そこで爆笑した記憶を最後に色々飛んでいます。

通勤ラッシュに巻き込まれながら満身創痍で帰宅。生存確認の電話を入れたところ皆生きてるみたいで一安心。お互いの飛び飛びの記憶を補完しながら、マジで生きててよかったなあと思っていたら「今日飲みませんか?」って誘われて神門君って本当に頭おかしいんじゃないかと思いましたし、とりあえず即答で参加を表明して今夜の飲み会に怯えています←いまここ

二日酔いで体調は最悪。肝臓は爆発寸前。リリパ(打ち上げ)2夜目、死なないように頑張ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です