カップルで秩父&長瀞観光1泊2日フルコースをキメてきた

彼女と秩父に旅行してきました。1泊2日。最初から最後までずっと楽しかった。

というわけで久しぶりに旅行記です。秩父行こうかなーって考えているカップルやご夫婦の方はよかったら参考にしてみてください。

雅紀屋で秩父名物のわらじカツとくるみそばを食べよう

秩父のグルメ情報を調べるといちばん最初に出てくるのがわらじカツ。わらじみたいにでっかいカツです。あとお蕎麦。秩父は蕎麦がおいしい。なぜ蕎麦がおいしいかというと水が美味しいからです。

で、そのわらじカツと美味しいお蕎麦を同時にいただけるお店が雅紀屋です。1泊2日の限られた時間だと食事の回数も限られるので1回の食事で秩父名物を2種類食べられるのはうれしい。

DSC08017
店先。川越から車で下道で90分ぐらい。結構近い。高速はいつも渋滞しててかえって時間がかかるらしいので川越から行く人は下道で行こう。299号線経由のルートです。

DSC08018
趣がある。

DSC08020
というわけでわらじカツとくるみ蕎麦のセットです。

DSC08023
丼からホンビノス貝のようにはみ出るわらじカツ。

DSC08025
蓋を外すとこんな。味がついているのでそのまま食べます。

薄く伸ばした肉を揚げており、サクッとした食感ではなくしなっとしています。この例えをすると微妙な感じに伝わると思いますが駄菓子のビッグカツをご飯に合うように改良した味がします。甘めの醤油が効いててザ・B級グルメって感じですがちゃんとうまい。大盛り無料。

DSC08026
こちらはセットの蕎麦です。

DSC08029
プラス50円でつけ汁をくるみ蕎麦に変更できるシステムなのでそのようにしました。とろとろしていてクリーミーなのに清涼感もあってわけわかんなくなるうまさ。

雅紀屋

場所:埼玉県秩父市大野原1038-1
TEL:0494-25-0035

僕らは開店の11:30ジャストに到着したのでスッと入れたのですが、食べ終わってお店を出た時にはすでに列ができていました。並びたくないなら早めに行った方がいいでしょう。

長瀞駅周辺散策

DSC08038
雅紀屋から車で10分ちょいの秩父鉄道長瀞(ながとろ)駅。ノスタルジックな雰囲気が溢れていてとてもよろしい。SLが通ります。

DSC08055
駅の感じです。

DSC08040
お土産物屋さんです。これといって特筆する点はない。

DSC08042
謎の神社です。

DSC08043
なぜかジバニャンがいる。

DSC08047DSC08048
街にはレトロな看板がちらほらあって楽しい。

DSC08061
ぷらぷら歩いて踏切を渡って川の方へ続く道へ。

DSC08060
鮎の塩焼き。

DSC08058
ジオラマ屋さん。

DSC08070
彼女が漬物を買ってました。うまいうまい。

DSC08076
僕は茶豆きな粉のミルクラテという女子力高めの液体を購入しました。ソイプロテインの味がします。うまいうまい。残念ながら漬物とは致命的に合わない。

DSC08079
ところで川の様子です。

川の水は美しく、隆起した結晶片岩が岩畳となって広がった景色は見事で、木陰に腰掛けると涼やかな風が頬を撫でます。いい時期に来たな、と思いました。晴れてよかった。週間天気予報では雨だったのですが日頃の行いが良いので晴れました。

長瀞ライン下り

DSC08094
船で川を下るやつをしました。長瀞ライン下り。

DSC08100
船に揺られながら大自然の景色を堪能できて最高。船頭さんのガイドがこれまたよくて、ちょっとした軽口を交えつつ知的好奇心を満たしてくれます。

「去年の台風でここら辺の砂利が流されて深くなっちゃったんですよね。漕ぐの大変なので船頭さんはみんなあんまり好きなエリアじゃないんです」「この荒川は東京の隅田川まで続いているので乗ってたら東京まで行けます。行っちゃいましょうか」「ちなみに荒川は一級河川なので遊泳禁止です。みんなめちゃくちゃ泳いでますけどあれほんとはダメです」

DSC08113DSC08114DSC08115
いろんな人が手を振ってくれて楽しい。

DSC08120DSC08123DSC08124
人間が飛んでいました。川への飛び込みとは勇気を試す行動であるにも関わらず飛んでいる瞬間を撮影するとシュールだという学びがあります。

DSC08131
こういう、川の水が深くて流れの緩やかなところのことを、さんずいに静かと書いて瀞(とろ)と呼ぶそうです。この辺りはその瀞が長く続くことから長瀞(ながとろ)という地名になったそう。頭の中のへぇ〜ボタンを20回連打しました。

DSC08143
下流までくだった後の船はトラックで上流まで運ぶらしい。4隻まで運搬できるそうです。3へぇ〜ぐらい。

そんなわけで長瀞ライン下り、ものすごく「旅行してる感」が出て楽しいのでぜったいやった方がいいです。

ライン下りは前半のAコース、後半のBコース、AとB合わせた全コースがあって僕らがやったのは全コース。AかBだけだとちょっと物足りなそうだから結局全コースにしてよかったかもねーみたいな感想です。

長瀞ライン下り

場所:〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞489-2
TEL:0494-66-0950
備考:公式サイトからWeb予約ができるのでやっておくと確実に乗れて便利。

長瀞駅でSLを見よう

ライン下りを終えて長瀞駅までバスで送ってもらった際、「あと数分でSLが入ってきますよー」という情報を得たので見に行くことにしました。

DSC08168
長瀞駅の構内へ。入場料は170円。

DSC08144
入場券と一緒に子供騙しの紙製のおもちゃがもらえます。いらねえ。

DSC08162DSC08164DSC08165DSC08166DSC08170
駅のホームには昔っぽさが残りまくっていてタイムスリップした気分。

DSC08148
SLが来ました。

DSC08150
おー。

DSC08156
運転席。

DSC08159
石炭。

普段目にすることのないデカい物体を見れて満足。あらかじめ一番先頭の部分で待ち構えておけば人が集まる前に写真撮れそうです。次回の機会があればそうしましょう。

宿はミッションヒルズ迎賓館にしてみた

宿はミッションヒルズ迎賓館というところにしてみました。

DSC08171
バブル時代に気合い入れて作られたオーラが出ているなんかやたらと大きな施設です。ゴルフ場とセットになっています。

DSC08187
山の上なのでとてつもなく見渡しがいい。静寂の中にウグイスの鳴き声。

DSC08185
ログハウス。

楽天トラベルで調べた時に1人5,000円を切る値段ながらレビューがとても良くて、プランを読んでみると離れのコテージだし大浴場もあるし人里離れた山の上だし夕食のお弁当と翌日の朝食も付いてくるし文句の付け所がなさそうなのでここにしました。

DSC08174
結論から言うとめっちゃくちゃ良かった。滞在中はずっといい気分でした。

チェックイン後は一旦疲れを癒すために大浴場へ。ほぼ貸切状態でした。なんなのこの宿。

DSC08213
ついてきたお弁当です。夜食にいただきましたがちゃんと美味しい。至れり尽くせりで採算取れてるのか心配になってくるレベル。1泊3万円ぐらいとっていいと思う。僕らが泊まったときはふたりで9,980円でした。

楽天トラベル→ミッションヒルズ迎賓館
じゃらん→ミッションヒルズ迎賓館

晩ごはんはビラパワのピザを食べよう

せっかく秩父まで来てホテルの弁当で済ますのもなあって思いながらも晩ごはんはノープランでした。どうするかーとか相談しながらホテルに向かっているときにいい感じにビビビッと来るお店を発見。直感に従って突撃。

DSC08188
ビラパワというお店です。

薪窯ピザの看板と溢れ出るDIY感。僕らを吸い寄せるには十分すぎるほどの魅力がありました。

DSC08192
タイのチェンマイとかパーイを思い出す、優しくてゆるやかな時間が流れる空間です。

DSC08194
サラミポテコーンのピザ。マヨネーズは自家製。めちゃくちゃ美味しい。生地は薄くてぱりぱり。

DSC08203
季節の野菜のピザ。ソースは薄味なので野菜の旨味を堪能できます。涙が出そう。

DSC08206
車なのでジンジャーエールを飲んでいました。外食でソフトドリンク飲んだのめっちゃ久しぶり。たまにはいいですね。

DSC08205DSC08208
薪ストーブがあったり2階のインテリアがこれまた良かったり。味も雰囲気もお店の人の人柄も素晴らしかった。また来れるかな。来たいな。

ビラパワ

場所:埼玉県秩父郡皆野町金崎277-1
TEL:0494-26-5009

ヒメボタルを見よう

ちょうど僕らが秩父に行った時期がヒメボタルが見られるタイミングと重なっていたらしく、夜更かしして見に行くことにしました。

検索するとヒメボタルの写真をブログに写真UPしてる人はいるのですが詳しい場所が記載されていないのでなかなか特定できない。諦めモードになりかけたところ、ふと思いついてUPされている写真のexif情報を見たら位置情報があったのでそれを頼りに行きました。「〒369-1503 埼玉県秩父市下吉田452」辺り。

とりあえず近くまで行ってから現地で何とかしようと思っていたところ、なんか橋の下に車が20台ぐらい停まっているところや何台も路上駐車してるところがあったりしてすぐ目星がつきます。後はカメラ持ってる人についていけば割と簡単にヒメボタルポイントを発見できてラッキーでした。

DSC08224
RX100 M3でISO2000、シャッタースピード5秒の設定で撮ってみました。こういう写真を同じ位置から何枚も撮影してフォトショとかで重ねれば幻想的な感じになるらしいです。めんどくさいのでしません。

ヒメボタルは写真で見ると黄色い光が点々となっていますが、肉眼で見るとチカチカとクリスマスのLED電飾のように一定の頻度で白く点滅します。面白い。30分ぐらいで飽きます。

DSC08228
飽きたのでホタルを撮った時と同じ設定でぐるぐると回る彼女を撮影して遊んでいました。何やってんだ。

DSC08233
回数を重ねるとこのように上達します。本当に何やってんだ。

DSC08236
で、宿に帰ってきました。宿から見える夜景もまた綺麗。明日に備えて寝ました。

阿左美冷蔵 金崎本店で天然氷のかき氷を食べよう

起きました。準備してチェックアウトして宿から車で10分弱の阿左美冷蔵へ。目的は天然氷を削り出したかき氷です。行列が半端ないらしいという前情報をゲットしていたので開店30分前の09:30に到着。にも関わらず50人ぐらい並んでいましたし、なぜかすでに開店してました。

DSC08243
店先。

真夏になると2時間を超える行列もざらにあるとのことで、並んでいるうちに熱中症で倒れて救急車で運ばれる人もいるというカルト的な人気を誇っています。涼むためにかき氷食べに来た結果暑くて倒れて食べられずに帰るのはちょっとシュールすぎると思う。

DSC08240
メニューです。

白あん+あずき+桜あんの3種類の味が楽しめる蔵の秘伝みつスペシャルと、みかん+白桃+里ぶどうの3種類の味が楽しめるあさみの果汁スペシャルをひとつずつ注文しました。ふたりで6種類の味を知ることができます。計2,700円。たかがかき氷で頭イかれてるのかと疑う値段ですがまあ、せっかくなので。

DSC08249
あさみの果汁スペシャル。氷のボリュームがおかしい。ペンギン用なのかな?

DSC08256
みつやら練乳やらを好きなだけかけてしゃくしゃく食べます。うまいうまい。

DSC08252
蔵の秘伝みつスペシャル。3つの中でも桜あんがぶっちぎりでうまくて、食べるたびにあっはっはってなります。和菓子の上品な甘さと氷の涼しさ。うまいなあ。

真夏にクソ暑い中2時間並ぶ価値があるかと問われると「いやー?」って感じですが、朝早く行ってちょっと並んで食べる価値はじゅうぶんにあります。みんな早起きして行こう。

DSC08268
お店の前に変なオブジェがあったので写真撮りました。こわい。

阿左美冷蔵 金崎本店

場所:埼玉県秩父郡皆野町金崎27-1
TEL:0494-62-1119

変な車乗った

長瀞駅前の観光案内所で「超小型モビリティ実証実験」なるものが行われており、なんか変な車をノリでレンタルしました。

DSC 0074
長瀞町観光協会のサイトより写真を引用)

前と後ろにひとりずつ乗れる小型車です。タイのトゥクトゥクのちっちゃい版みたいな。1時間500円で借りられます。というわけでこの車に乗り換えて2時間長瀞周辺をドライブがてら探検。

DSC08276
駐車場の1台分のスペースを占有する形で停めると非常に馬鹿っぽい。気に入りました。

聖神社にお参りして銭神様の御利益にあやかろう

DSC08279
馬鹿っぽい車でハイテンションでやってきたのは聖(ひじり)神社。お金の神様がいるらしいのでいっちょ参拝をキメてきました。

DSC08278
情報です。

DSC08282
絵馬です。

  • 年収1000万円稼げますように
  • 万馬券GET
  • 家を建て替えるので宝くじが当たりますように
  • 金を儲ける!
  • ロト6を当ててお金持ちになりたいです

などの欲深い文字列を鑑賞することができます。

DSC08281
せっかくなので金みくじをひきました。

DSC08283
彼女がなんかすごいのひいた。「とにかく全部叶う」みたいな心強いお言葉が乗っています。全財産を宝くじとFXとバイナリーオプションに突っ込んでいただきたい。

DSC08284
僕のは死ぬほど無難で当たり障りのないことが書かれていました。絆、愛、感謝などのヒップホップなワードが並んでいます。

DSC08285
旅行は初めての場所が吉とのことです。これからも行き当たりばったりで初めての場所に行きましょう。

聖神社

場所:〒368-0001  埼玉県秩父市黒谷2191番地

蕎麦 大さわで遅めのランチをキメよう

小さな馬鹿っぽい車を返却していつもの車へ乗り換え。アクセルとブレーキの効きの違いに戸惑いながらお昼ご飯を食べる場所を探します。そういえば朝からかき氷しか食ってねえ。

DSC08293
運転してたら看板が見えたのでふらっと入ってみたお蕎麦屋さん、大さわ。意味不明な場所にあります。あと何故か店先にパンダがいる。

DSC08288DSC08307
庭にはやぎがいます。ずっと草食ってました。

DSC08300DSC08301
田舎蕎麦とざるそばを食べ比べ。どっちもうまかったです。どっちがどっちか忘れました。

DSC08297
テーブルにあったパンフレットを読んでいたら一瞬ドキっとしたときの記録です。観光クリエイション。

蕎麦 大さわ

場所:埼玉県秩父郡長瀞町大字岩田 911
TEL:0494-66-3377

秩父&長瀞旅行まとめ

お蕎麦を食べた後は秩父を後に。何度か寄り道をはさみつつ、ゆっくりとドライブしながら帰ってきました。窓を開けると森林の香りがして運転すら楽しい。

DSC08394
夕方には無事帰宅して秩父で買ったワインを飲みました。おいしいおいしい。

というわけで秩父&長瀞、自然いっぱいで食べ物美味しくて超最高です。電車なら池袋から乗り換えなしで1時間ちょいで行けるので、関東に住んでる人は小旅行の候補に入れてみてはいかがでしょうか。特にカップルやご夫婦の方は是非。とてもおすすめです。

また行きたい。今すぐ行きたい。っていうか住みたい。秩父の空き家が200万円で売られている看板を見かけてしまってからそれが頭から離れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です