Kindle本を誤タップで注文してしまった時に返品&返金してもらう方法

寝ぼけてAmazonのサイトを見てたら間違えてKindle本を購入してしまいました。これで5回目ぐらいです。せっかくなのでKindleのキャンセル方法をまとめておきます。

Kindle本を返品しよう

トップページの下部にあるカスタマーサービスに連絡をクリック。

スクリーンショット 2016 06 21 11 15 52
1.お問い合わせの種類を選択してください→デジタルサービス
2.お問い合わせ内容を選択してください→Kindle本について
 詳細内容→Kindle本の返品

を選びました。

スクリーンショット 2016 06 21 11 16 35
あとはお好みの問い合わせ方法を選ぶだけです。

問い合わせ方法:電話の場合

スクリーンショット 2016 06 21 11 18 59
電話を選ぶとこんな感じの画面に飛んで、「今すぐ電話がほしい」をクリックするとAmazonに登録済みの電話番号にAmazonの方から電話をかけてきてくれます。いちいち電話番号打たなくていいので楽。

問い合わせ方法:Eメールの場合

スクリーンショット 2016 06 21 11 18 01
Eメールを選ぶとこんな画面。注文番号と返品理由を記載して「メール送信」をクリックするとあとはAmazonが返金手続きをしてくれます。

問い合わせ方法:チャットの場合

今回はチャットを選択してみます。今までチャットで問い合わせたことがなかったのでやってみたくなったからです。

スクリーンショット 2016 06 21 11 24 35
最初にお問い合わせ内容を入力する必要があります。ここで入力した文字列がチャット開始時のメッセージになります。

注文番号:D01-9761884-XXXXXX
返品理由:誤タップ

と記載してチャットを開始してみました。

スクリーンショット 2016 06 21 11 29 11
やり取りはこんな感じでスムーズ。返品の手続きは数分で終わりました。

小心者なので「終わるときってどんな挨拶してチャット閉じればいいんだろう」と不安でしたが担当者のかたから「それではチャットを閉じてください」という案内があるのでそれに従ってボタンをクリックすればOKでした。

ちなみに相手がキーボードを叩いているときは「タイピング中です…」と表示され、相手のメッセージが届いたらポンって音が鳴ります。いわゆる普通のチャットソフトと同じノリです。

まとめ

というわけでKindle本を返品する方法でした。購入直後だとキャンセルボタンを押すだけで済むのですが、購入後に別のページに飛んでしまうとこのように手続きがちょっと面倒になります。まあ仕方ないですね。

ちなみにAmazonの規約には

Kindleストアでご購入いただいたKindle本については、購入間違いなどの場合、注文日から7日以内に限り、Amazonの裁量にて返金を承っております。

購入から8日以上経過している場合、返品は承っておりません。

とあるので、返品する場合は購入してから7日以内に連絡しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です