Bose QuietComfort 15のイヤーパッドがボロボロになったので500円のバルク品を買って交換した

愛用しているBoseのノイズキャンセリングヘッドホン、QuietComfort 15のパッドがダメになってきました。

DSC08821
耳当ての部分は破れているし経年劣化で素材がボロボロと剥がれ落ちる始末。

DSC08841
ちょっと指でこするとこのように大量の真っ黒くろすけを生産することができて最悪です。なんとかしましょう。

交換用パッドは公式サイトだと5000円ぐらいなので控えめに言ってもクソ高くて、Amazonだとバルク品が10分の1ぐらいの値段で売っていたので買ってみました。

Bose QuietComfort 15のイヤーパッドを交換しよう

DSC08825
すぐ届きました。

DSC08829
純正品(上)との比較です。大きさや形は同じ。素材とかはもしかしたら違うのかもしれませんがそもそも純正品が劣化しているのでよくわからないです。

というわけでQuietComfort 15のパッドを交換しましょう。

DSC08826
バラします。

DSC08832
内側にあったシート? みたいなのも剥がします。

DSC08833
パッドに付属してきた新しいシートです。

DSC08834
シールを剥がして

DSC08835
貼り付けました。

DSC08838
あとはパッドをパチパチっとはめていきます。爪のようになっている部分にはめ込んでいくだけ。所要時間は両耳合わせて全部で5分ぐらい。簡単。

交換完了

DSC08840
というわけで復活したBose QuietComfort 15です。試し聞きしてみたところ音質の劣化はなく、ノイズキャンセリング機能も良好。最高。新品みたいに快適でとてもいい気分。500円弱で小さな幸せを買えました。

ちなみに個人的にBoseは「メガネ人間が使っても耳周りが痛くならないヘッドホンメーカーランキングぶっちぎり1位」なので今後もBoseのノイズキャンセリングヘッドホンを愛用し続けると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です