外出先でサクッと仕事するためにEC Technologyの折りたたみ式Bluetoothキーボードを買った

外出先でわざわざMacBook Proを持って行くほどじゃないけどiPhoneでポチポチとフリック入力するのは時間がかかるからちょっとなー、みたいなことがあります。

  • 気分転換にちょろっと家から出て文章書きたいなーってときとか
  • 待ち合わせの前にちょっとカフェとかで小一時間ゆっくり考え事したいなーってときとか
  • 都内出たときに一休みしながらメモがてらブログ書きたいときとか

そんなときのために持ち運び可能なキーボードがひとつあったら便利かな、と思って買いました。

結論から言うと

  • 普段使っているMacBook Proと同じ速度で打てるようになるにある程度の慣れが必要
  • フリック入力よりは断然速く打てるようになった
  • 買ってよかった

箱とか

というわけで開封します。

DSC09975
箱です。

DSC09976
内容物です。

本体、充電用のケーブル、説明書だけ。

DSC09978
ケーブルはmicroUSB。

DSC09979
説明書です。読んでません。

使ってみよう

使ってみましょう。

DSC09980
本体です。

DSC00048
大きさはだいたいiPhone 6 Plusと同じぐらい。

DSC09984
厚みはiPhone 2台分ぐらい。

DSC09985
なかなかいい感じの質感。

DSC09986

DSC09987
三つ折りになっているので両側を開いて使います。開いた瞬間に電源ON、閉じたら電源OFF。開閉するときのガシャコンっていうギミックが気持ちいい。

DSC09988
キーボードの雰囲気です。

試しにカチャカチャってしてみたところ打鍵感は思ってた以上にいい感じ。気持ち良く打てます。

DSC09989
さて、使いましょう。まずはペアリング。

Fnキーを押しながらCキーを押すとペアリングモードに入ります。

DSC09990
すると手持ちのデバイスから認識できる状態に。

DSC09991
タップすると「接続済み」になって使えるようになります。

DSC09993
打てた。

EC Technologyの折りたたみ式Bluetoothキーボードを使ってみた感想・レビュー

3日ほど使ってみた感想をまとめておきます。

よく打ち間違えるキー

まずはキーピッチが普段使っているMacBook Proと違うのでちょっとストレスでした。

  • 伸ばし棒の「ー」
  • BackSpace
  • 句読点の「、」と「。」

のあたりを特に頻繁に打ち間違えました。

3日である程度慣れましたが、使うときに「今から普段とは違うキーボードを使うぞ」っていう脳の切り替えは必要かなーという感じ。

そのほかよくミスること・不便なこと

  • 変換候補を選ぶときにTabキーじゃなくてスペースキーを押さなければならない
    • Tabキー押すと確定されてしまうので打ち直しが生じてめんどくさい
  • 入力確定前の文字列をescボタンで一括削除できない
    • この状態でesc押すとiPhoneのホーム画面に飛んでしまう
  • control+dでdeleteできない
    • これは明確に不便

上記はiOSの変換の仕様とEl Capitanのライブ変換の仕様が違うせいなのでキーボードが悪い! ってわけでもないのですが、購入を検討している人は知っておいたほうがいいポイントかと思います。

いろいろ戸惑いはありますが、それでもフリック入力するよりは断然速く文字を書けるのでアウトプットの効率はグンと上がりました。

思いのほか良かったこと

それでは買ってよかった! と思ったポイントです。

  • ペアリングめっちゃ楽
    • キーボード側でFnキー押したままC押す→iPhoneのBluetooth画面で選択するだけ
  • Winボタンが⌘に対応していて、全選択、コピー、ペースト、やり直しなどのショートカットキーが使える
    • 最強に便利
  • 矢印キー便利。⌘と組み合わせて文頭や文末や行の頭にジャンプできて良い
  • microUSBで充電できる&持続時間長い
  • Safariで調べながら文章書く、みたいなマルチタスクに向いてないので文章だけガッと書くのに集中できてめちゃいい感じ
  • タッチザスカイの小さいショルダーバッグに余裕で入るコンパクトさ
    • っていうかiPhone 6 Plusと同じぐらいのサイズなのでポケットにも入ります
    • 手ぶらで外に出てノマドができるぞ
  • 他の折りたたみ式キーボードと比べて断トツに使いやすい
    • 三つ折りにできるので持ち運びがとても楽
    • 畳むときと広げるときのギミックがかっこいい
    • 量販店で試してみたら二つ折りのキーボードは真ん中でキーが分かれて打ちにくかったけどEC Technologyのは比較的打ちやすい

という感じ。

まとめ

今までデスクに置いているMacBook Proを外出時に持ち出すときは充電アダプタやUSBなどのケーブルを外して、本体をバックパックに入れて、っていう準備が必要でしたが、これからはキーボード掴んでポケットに入れるだけ。瞬発力と機動力がグンと上がりました。

外出先で効率良く文字入力したい! けどパソコン持ち歩くのはダルい! みたいな人にはおすすめです。

というわけでこの文章も今回購入した折りたたみキーボードを使って書きました。バンカーリングを使ってiPhoneに角度を付けてあげると画面見やすくなってさらに良いですよ。

2016年に買ってよかったもの86選

2016.11.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です