新宿の老舗天ぷら屋「つな八 総本店」で贅沢なランチをキメよう

新宿にある老舗の天ぷら屋さんに行ってきました。

つな八 総本店の江戸前膳食べた

DSC00681

店先。

とにかく人通りが多くてfeat.通行人の写真しか撮れませんでした。

DSC00657 2

老舗オーラ漂う看板。創業は大正13年らしい。

店内に入ったときは3組待ちぐらいだったのですが、カウンター、座敷、テーブル席などなど席の数が多いので5分ちょいぐらいで案内されました。

DSC00665

「座敷 or カウンター席?」とのことで迷わずカウンターへ。

DSC00659

メニューです。

「いつも頑張っている自分たちへのご褒美」という曖昧なアレで江戸前膳にしました。ランチで2人税込9,000円超えると食べるときの集中力も上がります。

DSC00670

海老とイカ。

海老は結構普通であれ? こんなもん? って思う普通な味。イカはプニプニ柔らかでめっちゃうまい。

DSC00672

ピント合ってないけど舞茸と蓮根。

舞茸の香りが凄まじくて「これは、家で作るやつと、全然違う」とプロの腕前を真正面から食らいました。蓮根も「どうやって揚げたらこんなに甘みを引き出せるのか」と感動を覚える甘み。一品目の海老でディスってすみませんでした。

DSC00677

穴子。長くてうまい。

卓上には岩塩、わさび塩、紫蘇塩、天つゆがあるのですが、全ての味を試してもあと2口残ってるぐらい長かったです。

DSC00679

左が本日のMVP、ホタテです。右は大アサリの姿揚げ。

生で食べられるクオリティのホタテをレアで揚げるという贅の限りを尽くした一品で、レモンと塩で頂くのですが噛んだ瞬間にミッキーみたいな声でハハッて笑うぐらいうまいです。お金持ちになったら毎日これだけを胃もたれするまで食べたい。

右の大アサリはキノコ類と一緒に殻ごと揚げたやつ。香りが良くてうまいうまい。

DSC00680

最後はかき揚げ。

小エビとホタテの貝柱だけの海鮮かき揚げで、今までの人生で食べてきた野菜でかさ増しされたかき揚げとは明確に一線を画する攻撃力でした。つよい。

まとめ

というわけで贅沢なランチでした。写真撮ってませんが天ぷらの他にお揃い(ご飯、味噌汁、お漬物)が付いてくるので十分お腹いっぱいになります。

接客が微妙(悪くないけど全体的になんか微妙)なのがちょっとアレですが、味は「老舗すげえ」と唸らせられるものがありました。

つな八 総本店

場所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-31-8
TEL:03-3352-1012

2 件のコメント

  • こんばんは!

    天ぷらでいいところ知ってたので紹介させて頂きます!

    天ぷら山の上さんです。
    値段は高めですがその分、質もなかなかのものでひたすらに美味しいです。
    個人的には蓮根が好きで、サクッとした食感がたまらないんですよこれが。

    お金と時間に余裕があるようでしたら是非!

    東京都千代田区神田駿河台1-1
    http://www.yamanoue-hotel.co.jp/rb/tempura/

    • うおーーーめっちゃ美味しそうです!ホテルの中にあるお店なんですね。

      お祝い事のタイミングを狙って行ってみます!ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です