セラミック焼網でステーキ焼いてみたら悶絶するほどうまかった

2016年に買ってよかったものにもランクインした焼き網でステーキ肉も焼けるのでは? という仮説のもとに検証してみました。結論から言うと大成功で、新たな境地に到達してしまいました。

セラミック焼網でステーキを焼いてみよう

DSC00700

ステーキ肉です。赤身が食べたかったのでヒレ肉にしました。オーストラリア産。

とりあえず冷蔵庫から出して30分ぐらい放置して常温に戻してみました。

DSC00703

その後付属のステーキスパイスを両面に振りかけてさらに10分放置。

DSC00704

セラミック焼網です。強火でガーってやって温めてます。

DSC00702

これはお酢で、魚を焼く前に表面に塗ると網にくっつきにくくなります。肉でも同じ効果が得られるのかどうか謎だったのですが同じタンパク質だし大丈夫だろうと思ってやりました。

お酢は3枚全部に塗ってしまって塗らなかったバージョンの肉と比較していないので正確なところはわかりませんが、全部網にくっつかなかったので多分効果があったんだと思います。

というわけで焼いていきましょう。

DSC00705

ヴァジュラオン!!!

数分焼きます。時間は完全に勘です。

DSC00711

ひっくり返しました。この時点で勝利を確信。

さらに数分焼きます。

DSC00712

アルミホイルにドーン!!

DSC00714

ぐるぐる!

これは肉を寝かせるプロセスで、こうした方がうまくなる的な文章を以前どこかで見かけたので盲信してやっています。

DSC00716 DSC00717 DSC00721

第2弾3弾も同じように焼きます。1枚目で成功体験を積んだので2枚同時に焼くアビリティが身についています。

DSC00724

寝かせ終わったら10分後ぐらいにトースターで温めます。2分ぐらい。

DSC00725

グッモーニィン!!!! 肉汁!!!!!

DSC00729

はい。死ぬほどうまい。もうステーキ屋さん行かなくてもいいかもしれない。

調理中はちょっと焼きすぎたかなーと思いましたが一番好みのミディアムレアに仕上がって大満足です。

DSC00735

赤身の肉にはトリュフ塩がよく合う。

あとはワサビをチョンと乗せて食べたりポン酢で食べたりしてたら1.5人前が一瞬で消失しました。とにかくうまかったです。赤ワイン買っておくべきだった。

DSC00722

肉だけだとアレなのでピーマンも焼いてみました。1ターンで勝負を決めたかったのでヤケクソな雰囲気になっています。

DSC00732

超! みずみずしい!

まとめ

というわけで肉サイコー野菜サイコーセラミック焼網サイコーという気持ちでいっぱいになりました。

持ってない人は今すぐ買おう。お店で出てくる焼き物のクオリティを自宅で再現できるのでQOS(クオリティ・オブ・食生活)がブチ上がります。

2 件のコメント

  • 網焼きの肉やばいっすね。
    オーストラリアの肉ですが、最近劇的に美味くする方法を編み出しました。
    グルメミートワールドと言う前衛的な生ハム業者が持っている。パンセタ(イベリコのバラ肉の生ハム)を冷凍し、細かく削りオースト肉にかけて焼く。
    そしてわさびで食す。それだけです。
    肉に、肉の調味料を使うと言う破天荒な調理ですが、
    間違いないです。是非。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です