WordPressで公開前の下書きの記事を誰かと共有したいときは「Public Post Preview」を使うといいよ

この記事を書いた際、無意識のうちにヤバいこと書いてたらヤバいなと思って念のため記事を公開する前に狐火さんに最終確認をしてもらいました。そのときに使ったプラグインが便利だったので備忘録。

Public Post Previewをインストールして下書きの記事を誰かと共有しよう

スクリーンショット 2016 10 28 17 27 05

WordPressの管理画面からプラグイン→新規追加→で右上の検索ボックスに「Public Post Preview」と入力して検索→「今すぐインストール」をクリック。

※2016年10月現在、プラグインの名前が翻訳されて「外部確認」という表示になってますがこれで合ってます。

スクリーンショット 2016 10 28 17 27 42

プラグインを有効化すると投稿画面に「外部確認を許可する」という項目が現れます。ここにチェックを入れると共有用のURLが発行されるので、あとはそのURLを確認して欲しい人に送りつけて「確認してください!!!」とお願いすればOK。

ちなみにリンクを共有後、記事の修正を行なった場合も同じURLでリロードすれば編集した箇所はちゃんと反映されます。なので編集後は「修正したので同じURLをリロードして再確認してください!!!」でOK。便利です。

頻繁に使うものではないので使い終わったらアンインストールしましたが、また必要なタイミングで使おうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です