渋谷の「ジビエノ小屋」でクマとアナグマとキジとカラスとヘビ食べた。カラスの味ヤバい

ジビエ!

渋谷「ジビエノ小屋」で食べたことない肉を片っ端から食べよう

DSC01783

店先。かっこよさがある。

DSC01784

壁の感じやフォントが悪の組織っぽいですがちゃんとした飲食店です。

DSC01786

看板。いろんな肉が出没注意。

DSC01787

お通し。提供された瞬間に「えー! なにこれこわーい!」みたいなリアクションをしたところ、「こちらは普通の鶏のササミです」とのことでした。

メニューを見て食べたことないものを片っ端から注文。バトルスタートです。

DSC01795

まずは肩慣らし的にクマ。

DSC01800

焼いて食べます。味は付いてます。

味は赤身の肉! という感じで、ほのかに獣っぽい血の後味がします。思っていたよりクセはなく、多分どんぐりとか食べてるからだろうという総意でした。

DSC01793

アナグマです。イタチ科アナグマ属なのでさっき食べたクマとは全く別の生き物。今画像検索したら結構可愛い感じのビジュアルでウッ、食べちゃったごめんってなりました。

DSC01803

ほぼ脂なので焼くと炎上します。

DSC01806

食べると「こんにちは!!! アミノ酸です!!!」という主張の強い旨味が舌を経由して脳に伝わり、その後獣臭さの後味が追いかけてきます。うまい。クセは強く、味の方向性は違いますがマトン苦手な人はアナグマも苦手だろうなと思います。

個人的にはこの日食べた中でアナグマが一番好きです。強烈に記憶に残る味で、半年後ぐらいに「アナグマもう一回食べたい」ってなりそう。

DSC01796

これはキジです。

DSC01810

焼くと普通に手羽先感。

脂身が少なくとても噛み応えがあります。噛めば噛むほどあっさりした上品な味が口の中に広がり、噛みながら「出汁とって鍋にしてみたい」とか「生で食べてみたい」と想像力を刺激してくる力があります。

ほのかに野生っぽい風味がありますが嫌いな人あんまりいないと思う。僕は毎日食べたい。ジビエ入門編に良さそう。

DSC01808

カラスです。足の先が黒い。メニューには「都会のカラスじゃないですよ」という説明文がありました。

DSC01813 DSC01817

10人いたら7人ぐらいは無理って言いそうな味。かじった瞬間にガツンとワイルドな味が鼻腔をつき、「いやいやお前鳥なのになんでこんな肉肉しい味するの」という感想に包まれました。

熟成肉のようなズーンと重い後味で、しかもそれが長い時間残ります。他の肉との食べ比べに影響するので後の方に食べるなり赤ワインでリセットするなりした方がいいでしょう。

判定の結果、1回食べたらもう食べなくていいで賞を受賞しました。おめでとうございます。

DSC01794

姫飯匙倩(ヒメハブ)。ヘビです。

DSC01819

魚類と鳥類のちょうど間をとったような味がします。淡白。キジと並んで入門編として注文すると良さそう。ただゴリゴリした骨が多いので注意。

店員さんに確認してないですが骨ごと食べるものなんだろうと思って骨ごといきました。ギリ噛み砕けます。今までの人生で食べた骨ごとイケる食材の中で一番硬かったです。あんなニョロニョロしてるのになぜこんなに骨が硬いのか謎。

DSC01822 DSC01824

普通の牛肉もあります。

DSC01825

最後に食べるとやっぱり普通の牛肉が一番うまいですねという話になります。海外旅行から日本の自宅に帰ってきたときのような安心感。うまい。

DSC01830

デザートの白玉あんみつで〆。1個頼んで2人でシェアするとちょうどいい分量でした。

まとめ

DSC01821

日本酒は升で提供されるぞ。

そんなこんなで飲んで食べてひとり7500円ぐらい。4人ぐらいで行くといろんな種類のをちょっとずつ食べられるのでおすすめです。

ジビエノ小屋 渋谷百軒店

場所:東京都渋谷区道玄坂2-18-14 日美ビル
TEL:03-6455-0208

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です