静岡にある駒門風穴(こまかどかざあな)がめっちゃ雰囲気ある溶岩洞窟なので日本国民は全員行くべき

静岡県御殿場市で旅と音楽をしてきました。

駒門風穴で音楽をしよう

DSC06031 DSC05962 DSC05963 DSC05981

今回の舞台は駒門風穴(こまかどかざあな)。

富士山の爆発とともにできた溶岩洞窟です。400メートルぐらいの長さがあってめっちゃ長い。

DSC06012

中から入り口を振り返るとこのように非常にジブリーな空間(ジブリっぽい雰囲気の空間)になっています。かっこいい。

DSC06001 DSC06002

なかなか雰囲気があるポートレートが撮れるのでアー写撮影をしたいアーティストさんはロケ地の候補に選ぶとよろしいでしょう。

DSC05989

いい感じの苔がめっちゃいました。めっちゃジブリー。

で、そんな場所で音楽をやるとこうなります。ご覧ください。

映像を担当したのはまっつんさん(@tabimatsum)。1泊2日で構成練ってこのクオリティの映像作れるの、普通に考えてシャブやってると思う。ほとんど寝てなかったし絶対やってる。(やってません)

オフショットとか

というわけで文章量的には本題より長いオフショットなどです。

泊まった宿「TANNPOPO」

DSC03934 DSC03935

今回は御殿場駅から徒歩2分ぐらいの「TANNPOPO」というコンドミニアムにみんなで泊まりました。広くてキッチン完備で最高でした。

DSC03936

和室にはボーカルブースのために作ったとしか思えないサイズ感のウォークインクローゼットがあり、ここに布団やクッションや狐火さんを吸音材代わりに詰め込んでレコーディングしました。

TANNPOPO

ハッピーバースデーりゅーせいさん

DSC03952

この前日、カメラマンのりゅーせいさんが22歳の誕生日だったのでケーキを買ってお祝いしました。

DSC03956

誕生日をお祝いする場に僕が居合わせるとこのような儀式が執り行われます。焼酎100%の表面張力。これを歳の数だけ飲んでもらおうと思ったら1杯で人間が終わりました。

DSC03954

「この写真は一体なんなんだ?」と思って記憶をサーチしたらケーキについてきたロウソクでベベさんと遊んだときのものでした。あんまり覚えてないけど熱そうなリアクションをしていたような気がします。

DSC06052

そのように僕が遊んでいるところを大爆笑で見守ってくれるラッパーの人(@kitune_bi)です。

スピンオフ:ベベさんの服のビフォーアフター

以下の記事にてファッションコーディネートの協力をさせていただきました。

御殿場アウトレットで、狐火さんと観音クリエイションさんに3万円を奪われ服をコーディネートされました

  • ベベさんから3万円カツアゲして
  • 無駄遣いした

だけなのですが、こういうその場のノリをその場でコンテンツにするのすごいなと思います。さすがLIG。

忙しい方のためにビフォーアフターの写真のみ用意しておきますので、一部始終を知りたい方は上記の記事を読んでください。

DSC03969

ビフォー。

DSC03970

アフター。

まとめ

そんな感じでした。2日目のロケの写真が極端に少ないのは僕が二日酔いで車内で寝てたからです。その節は本当にありがとうございました。

LIGの記事ではさらに詳しい情報が載っています。こちらもぜひご覧ください。

10,000年の歴史をほこる「駒門風穴」でラップを作りました | 旅と音楽

前回の旅はこちら!

花巻市を代表するアーティスト「BIG-RE-MAN」の皆さまと1曲作ってきました

2017.01.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です