Boseのヘッドホン、QuietComfort 15を修理に出したら後継機のQuietComfort 25に新品交換になってうれしい

愛用しているノイズキャンセリングヘッドホン、QuietComfort 15がぶっ壊れたので修理に出しました。

DSC01636

すると後継機のQuietComfort 25に新品交換対応となりました。Bose大好き!!!!

QuietComfort 15の本体は修理できない構造らしい

もともと事前にネットで調べててどうやら交換対応になるらしいとは知っていたのですが念のためサポートに問い合わせたところ以下のお返事をいただきました。

本製品は、イヤークッションと接続ケーブル以外の箇所は部分修理ができない構造のため、修理対応として下記交換品へ機種交換いたします。

とのことで、以下の製品群から交換品を選ぶことができます。神対応。

  • QuietComfort15シルバー
  • QuietComfort25(Apple製品対応モデル)ブラック
  • QuietComfort25(スマートフォン対応モデル)ブラック
  • QuietComfort20(Apple製品対応モデル)ブラック
  • QuietComfort20(スマートフォン対応モデル)ブラック

修理料金は定額となり、QC15への交換は11,880円(税込)、QC25、QC20への交換は17,280円(税込)でした。(2017年3月18日現在)

半額ぐらいで新製品ゲットできるならその方がいいだろう常識的に考えてという思考回路でQuietComfort 25を選びました。そんなわけで例によってざっとレビューです。

QuietComfort 25いいよQuietComfort 25

DSC01638

ケースがコンパクトになりました。シュッとしている。

DSC01640

ふたを開けるとこう。この無駄のない感じ、ゾクゾクします。

DSC01642

ケーブルにリモコンがつきました。なくてもいいけどあると便利。

DSC01646

QuietComfort 15のときと同じく単四電池で動きます。旅先で電池切れてもコンビニとかで買えばOKなので便利。

DSC01645

デザインがかっこよくなり、ケーブルの差し込み口もスタイリッシュになりました。全体的に順当進化。

DSC01647

電源ONにした時のランプも緑色でおしとやかになってうれしい。QuietComfort 15のときは赤でした。

そのほかQuietComfort 25の第一印象

  • 折りたたんだときの形状が変わってよりコンパクトになった
    • それに従って持ち運び用のケースも洗練された
  • つけ心地が良くなった
  • ノイズキャンセリング機能の性能が上がった
  • エージングまだ終わってないけど音質もいい感じ
  • 電池なくても聞けるようになった
    • とはいえその状態だと音質良くないので使わないと思う

という感じです。交換してもらって不満に感じる点はひとつもないので「QuietComfort 15のデザインが好きなんだ!」という人以外はQuietComfort 25を選ぶと幸せになれると思います。

かかった日数とか

  • 3月15日:故障品をサービスセンターに発送
  • 3月17日:サービスセンターから交換品の発送連絡
  • 3月18日:午前中に受け取り完了

という感じで、一週間もかからず交換品を手元にお届けしてくれて非常に満足でした。死ぬまでBose製品使い続けようと思います。

ワイヤレスの方がいい人はBluetoothのやつを買おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です