がんもどきを作ろう

こんにちは。がんもどき食べたことありますか。おでんに入ってるやつです。あれを作りました。彼女が。

DSC02723

材料です。豆腐とひじきと卵と銀杏。

DSC02724

豆腐を

DSC02725

切って

DSC02727

ガーゼでくるんで

DSC02732

重石を乗せます。豆腐の中の水分を抜く行程です。ちょうどいい重石がなかったのでスキレットを乗せてみました。

DSC02735

ダメ押しに冷蔵庫にあった野菜ジュースで重みを追加します。

〜8時間後〜

DSC02868

このような固さになるので適当に手でちぎって

DSC02871

ざるで濾して

DSC02872

ひじきをブチこんで

DSC02874

銀杏を放り込んで

DSC02877

つなぎの卵黄を入れて

DSC02880

混ぜる。

DSC02884

オオオオオォォォォォォォ……

DSC02886

パァ

DSC02882

ちなみにごま油を両手に塗るとくっつかないライフハックがあります。

DSC02887

がんもどきの幼虫です。

DSC02889

揚げていきましょう。僕はこの時点でがんもどきが揚げるものだと初めて知りました。温度は何度かわかりませんがお箸つけたら細かい泡がシュワっとするぐらいです。

DSC02891

放り込んだら触らない! わかった!?

DSC02892

だいたいこんな感じの色になったらひっくり返す! わかった!?

DSC02896

するとがんもどきが完全変態して成虫となり、無からポテトフライが出現します。

DSC02893

生まれたてのがんもどきは牡蠣醤油 feat. おろし生姜でいただくと信じられないくらいうまい。感動しました。以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です