チェンマイで路上駐車してたら駐禁切られたので解決方法をメモしておきます

こんにちは。ハネムーンで浮かれていたら駐禁切られました。観音クリエイション(@kannnonn)です。

IMG 2204

レンタカーをそこらへんに適当に停めて1時間のマッサージを受けて戻ってきたら運転席の窓にこのようなものが。時間帯によっては駐車してはいけないエリアでした。馬鹿なので看板を見ていませんでした。

IMG 2205

逃げようと思っても無駄です。なぜなら前輪がガッチリロックされているからです。

IMG 2203

ワイパーに挟まれていた紙を近くにいたタイ人の方に見せて「これってどうすればいいんです?」と尋ねると「Police Station!」とのことで、警察署に行けばなんとかなりそうだという理解をしました。

IMG 2212

というわけで来ました。Googleマップで「Police」って打ったらサジェストで出てきます。

銅像のコンセプトがよくわからん。子供が「お父さんは体調が悪くて運転できないんです! 駐禁切らないでください!」って懇願している様子に見えます。

で、建物内に入って「Fine(罰金)」という貼り紙の案内に沿って受付へ。パスポートの提示を求められました。

IMG 2213

数分で終了。罰金を支払ったら警察の人が無線飛ばして前輪のガッチリロックを外す指示を出してくれます。

ちなみに罰金は400バーツ(1200円ぐらい)でした。「東京でコインパーキングに停めてたと思えば安いもんやな!」とか「400バーツ払えば時間外でも停めれるってことか! 安い安い!」と強がりを言って精神の均衡を保つのが精一杯でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です