脳内物質セロトニンを増やして効率よく多幸感を得るたったひとつの方法

楽してお手軽に幸せになりたいな、と思って「幸せになる方法」みたいな検索をしまくっていました。調べてみるとどうやら脳内の神経伝達物質の1つであるセロトニンを増やすことが一番の近道のようです。逆にセロトニンが不足するとイライラしたり、鬱々とした気分になったりするとのこと。
というわけでセロトニンを増やす方法を以下にまとめます。

セロトニンを増やす方法

太陽光を浴びる

セロトニンは日中、太陽光を浴びることで増やすことができます。朝起きたら太陽の光を浴びる習慣をつけましょう。

リズム運動をする

何も考えずに行える単調なリズム運動をすることで、セロトニンがどんどん活性化してくれます。体がしんどくならない程度のリズム運動がおすすめ。

トリプトファンを多く含む食品を食べる

セロトニンの原料はトリプトファンという物質。このトリプトファンを摂取しないと、セロトニンは生成されません。以下がトリプトファンを多く含む食品らしいです。100gあたりに換算するとひまわりの種が一番多く含む食品みたいですね。

•豆乳 53mg/100g
•牛乳 42mg/100g
•ヨーグルト 47mg/100g
•プロセスチーズ 291mg/100g
•ひまわりの種 310mg/100g
•アーモンド 201mg/100g
•肉類 150~250mg/100g
•赤身魚 200~250mg/100g

効率よく幸せになる方法

以上のことから、晴れた日に全裸でスキップしながらひまわりの種を食べることで手っ取り早くセロトニンを生成し、お手軽に幸せになることが考えられます。

晴れた日に全裸で

→効率よく太陽光を浴びることができる

スキップしながら

→リズム運動

ひまわりの種を食べる

→トリプトファンの摂取

「ちょっと気分が沈んでるな…」と感じたときは晴れた日に全裸でスキップしながらひまわりの種を食べてみてはいかがでしょうか。セロトニンがどうこう以前に全ての悩みがどうでもよくなって幸せになれる気がしないでもないですが、一応科学的な根拠があるので幸せになれるはずです。是非試してみてください。ぼくはやりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です