中百舌鳥のうどん屋『モズ六』が古き良き「めしや」って感じで美味しくて最高

中百舌鳥小学校の裏にある、年季が入った古き良き「めしや」的なお店。地元なので存在はなんとなく認識してはいたのですが、そういえば入ったことないなあと思って突撃してみました。

アットホームなお食事処 モズ六

IMG 4178
310号船沿い、大阪府立大学の前、中百舌鳥小学校の裏あたりにあります。

IMG 4180
看板。文字かわいい。

IMG 4181
のれんの雰囲気も最高。

IMG 4185IMG 4184
店内。ご主人さんと奥さんらしき人が2人で切り盛りされていました。お二人とも優しくて、ものすごくいい人。

IMG 4186
うどん定食。
ごはん、うどん、漬物的なもの、おかず(並んでる中から選ぶ)で700円。炭水化物祭りや!
うどんは関西風の薄めのかつおだしにコシがある自家製麺。優しい味。ご飯はちょうどいい固さ。大きいお鍋で炊いてました。お腹いっぱい。

時代劇とかに出てきそうな渋い感じのお店ですが、店員さんは本当に優しくて帰る時も何回も「ありがとうございます」と言ってくれてなんかこちらこそ本当にありがとうございますって気分になりました。

開店してから30年ずっとここで営業されてるらしい。もっと早く行っとけばよかった。また行こう。

お食事処 モズ六

場所:大阪府堺市北区中百舌鳥町6丁1001
TEL:072-259-5498
食べログ:http://tabelog.com/osaka/A2705/A270501/27040488/

おまけ:帰りに散歩した道が懐かしすぎた

IMG 4188IMG 4189IMG 4190
中庭とか辻野文具店とか懐かしすぎて久しぶりに通ったときの破壊力やばい。ノスタルジックな気持ちが膨れ上がって爆発しそう。脳内のBGMはこれでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です