『チルドレン』 伊坂幸太郎

大阪から埼玉への帰り道。久しぶりに小説読みました。伊坂幸太郎さんのチルドレン。

自由奔放で変わり者でクレイジーな陣内っていう主人公の人とその周りの物語。短編集と見せかけて普通に長編小説。非日常というか変な人の日常を描いた作品。ラーメンズとか好きな人におすすめしたい感じです。どうでもいいけどラーメンズって打とうしたら毎回ラーメン図ってなる。

 

10日ぶりに自宅に帰ってきたら猫に思いっきり威嚇されてヘコみました。1年かけて築いた俺たちの信頼関係は一体なんだったんだ…。

追記:翌日には思い出してくれて普通に撫でさせてくれました。ありがとう猫様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です