iOSのアップデートで不具合が起きた時の対応はやっぱりファクトリーリセットが一番手っ取り早かった

iPhone 5sをiOS8.3にアップデートしてから

などの細かい問題が目白押しでした。大変すぎる。

で、悩みに悩んだ結果、ファクトリーリセット(iPhoneを工場出荷状態に完全に初期化)してみたらなんと全ての悩みが解決。今は何の問題もなくiPhoneを快適に使えて幸せですよ、というお話。iOSのアップデート後の不具合でお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか。

ちなみにバックアップを取ってから復元するので写真や電話帳、アプリなどのデータは一切消えません。いくつかの設定をやり直す必要があるだけです。

例えば

  • Touch ID(指紋認証)に登録していた指紋の再登録
  • 画面の明るさが初期化されるので元に戻す
  • 壁紙が初期化されるので元に戻す

などなど。

どれも「ちょっとめんどくさいな。まあ必要だからやるけど」レベル。これでiPhoneが快適に使えるようになったので、そう考えると結果的には大した手間ではありませんでした。

手順

バックアップ→ファクトリーリセット→バックアップから復元

が全ての手順。全部で数十分でできます。

バックアップ

iPhoneをiTunesに接続して「今すぐバックアップ」をクリック。

スクリーンショット 2015 05 18 10 54 34

完了したら「最新のバックアップ」が今日になります。
スクリーンショット 2015 05 18 10 56 16

ファクトリーリセット

バックアップが取れたので工場出荷状態に復元します。

復元前に「iPhoneを探す」機能をオフにしなきゃいけませんので、iPhoneの設定→iCloud→「iPhoneを探す」をオフにしておいてください。

「iPhoneを探す」をオフにできたら「iPhoneを復元」をクリック。
スクリーンショット 2015 05 18 10 57 48

「復元」をクリック。
スクリーンショット 2015 05 18 11 14 09

復元中。5分ぐらいで終わります。この間はiPhoneと繋いでるUSBケーブル抜いちゃだめ。
スクリーンショット 2015 05 18 11 16 09

バックアップから復元

先ほど取ったバックアップから復元。
スクリーンショット 2015 05 18 11 18 56

復元は2分ぐらいで終わります。
スクリーンショット 2015 05 18 11 19 32

無事にiPhoneが初期化されました。やったね!
IMG 4987
IMG 4989

初期設定

あとは画面の指示に従って

  • 位置情報サービス
  • iMessageとFaecTime
  • TouchIDで指紋を登録
  • パスコードを登録

などの初期設定をするだけ。その後はインストールされていたアプリがどんどんiPhoneに同期されていきます。USBケーブルをつなぎっぱなしにして待ちましょう。

複数の指紋を登録していた人は設定→Touch IDとパスコード→指紋を追加 で残りの指の登録し直したりするぐらいで初期化前と同じようにiPhoneを使えるようになります。あと壁紙変えてた人は設定→壁紙 から好きな壁紙に設定したりとか。やらなきゃいけないのはそれぐらい。

ちなみに:iOSアップデート後に不具合が起きやすい環境の人とは

冒頭に列挙したアップデート後の不具合は、iOSをiPhoneだけでWi-Fi経由でアップデートした人に多く発生しているらしいです。iPhoneをiTunesに繋いでPCからアップデートした人はあんまり不具合起こってないっぽい。

そう言われてみると僕は今回初めてWi-Fi経由でアップデートし、初めてこのような不具合にブチ当たりました。今後はiTunesに繋いでアップデートしようと思います。

ちなみにその2:空き容量めっちゃ増えた

ファクトリーリセット前は「その他」っていう項目でiPhoneの容量がめちゃくちゃ圧迫されてたのですが、ファクトリーリセットしてからめっちゃ容量空きました。嬉しい。5GBぐらい増えた。
スクリーンショット 2015 05 18 11 39 29

ちなみにその3:自己責任でお願いします

一応僕はこの手順でデータが消えたりしませんでしたが、何かの間違い(ちゃんとバックアップとらなかったとか)で何かしらのデータが消えたりすることもあるかもしれませんので、ファクトリーリセットは自己責任でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です