20時間ぶっ通しで寝た結果こうなった

帰省してから

  • 24時間ぐらい遊ぶ
  • 数十分〜3時間ぐらい寝る
  • 24時間ぐらい遊ぶ
  • 以下ループ

みたいな生活を繰り返していたらついに限界がきて、気づいたら20時間ぐらいぶっ通しで寝てました

寝た時間

夜中の0時ぐらいに寝て、ハッと目が覚めて携帯見たら14時でした。トイレ行って水だけ飲んで二度寝キメて次に起きたのが20時。トータル20時間寝続けました

頭が痛い

起きた瞬間頭めっちゃ痛いです。鋭い頭痛と鈍痛のダブルパンチ。

寝すぎたら頭が痛くなる理由

寝すぎると緊張が緩みっぱなしになり、頭の中の血管が弛緩

弛緩した血管にも血は流れ続けるのでその結果血管が膨張

膨張した血管が周囲の感覚神経を刺激

その結果頭が痛くなる

寝すぎると上記のメカニズムで頭が痛くなります。文字にするだけで頭痛がする。

「頭痛いし今日は安静にして寝とこかな」とか思います。20時間も寝たのに。

ひたすら眠い

頭痛のダメージを食らいつつ、さらに眠気が抜けません。十分寝たはずなのにまだ眠い。ぼーっとした状態から抜け出せない。起きるのがだるい。ずっと寝てたい。

頭が冴える

なんとかお布団の誘惑に打ち勝って行動し始めて数時間経つと、今度はめちゃくちゃ頭が冴えてきます。普段の1.5倍ぐらいのクロックアップがかかっているような感じで、頭の回転が明らかに速くなってるのを感じます。

文章書いたり考えごとしたりしてるとパパパパッと閃きます。スーパーサイヤ人状態。楽しい。全能感。

ただぶり返しが半端なくて、4時間ぐらい経つとドッと疲れます

やる気がなくなる

頭が冴えるスーパーサイヤ人状態が終わると、次はモチベーションが完全にゼロになります

「普段どうやってやる気出してたっけ?」ってなるぐらいやる気が枯れました。起きながら死んでるのと変わらん。

このやる気がない状態が数日続きました。最悪です。

まとめ

寝すぎは良くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です