サントリークラフトセレクトの『スペシャルビター』と『メルツェン』を飲み比べてみた

少し前にコンビニに行ったら見慣れないビールを発見したので脊髄反射で買いました。

サントリークラフトセレクトを飲み比べよう

今回買ったのはサントリークラフトセレクトのスペシャルビターメルツェンの2種類。

サントリークラフトセレクト スペシャルビター

まずは緑の缶のスペシャルビターから。

IMG 7394
パッケージ。

IMG 7392
特徴はこんな感じで、苦味の値がMAXです。

IMG 7393
一応栄養成分なども。アルコールは5%。

で、味ですがスペシャルビターの名の通りかなりしっかりとした苦味があります。ふわっと爽やかな香りが鼻を抜けてから、けっこう長い時間強めの苦い後味が残ります。

苦味を好む漢(おとこ)が飲むビールって感じの印象で、料理と合わせるよりもビールばっかりひたすら飲むような人に好かれそう。イギリスでは人気らしいです。

僕はぶっちゃけ1本飲んだらもういいかなって思いました。

サントリークラフトセレクト メルツェン

次はピンクの缶のメルツェン。

IMG 7400
パッケージ。

IMG 7402
特徴はこんな感じで、バランスをとりつつ旨みとボディにパラメーターを割り振った感じ。ボディの意味はちょっとよくわかりません。

IMG 7403
栄養成分。

で、飲みました。僕はこっちのメルツェンの方が好きです。

サントリーの公式サイトではアロマホップを100%使用することで心地よい余韻の後口を実現とありますが、確かに長く余韻が残るビールです。

味はなんというか複雑?で芳醇?で、「◯◯な味で美味しい!」って具体的に言い表しにくく、「なんかよくわかんねえけどうまい」という感想です。

複雑なのにバランスがキッチリとれている味で、多分ビール好きな人は大体このビール好きなんじゃないかなーと思います。

アルコールは5.5%なのでスペシャルビターよりちょっと高い。

まとめ

というわけでサントリーのクラフトセレクトの飲み比べでした。

スペシャルビターもメルツェンも個性がかなりはっきりしていて、飲む前に特徴を確認して選べるっていうコンセプトはとても面白いです。

缶の色も綺麗で分かりやすい。あと何となく道端でこれ飲んでたらオシャレに見えそう。

お値段はどちらも278円。コンビニで普通に買えますが、どちらも数量限定発売で出荷分がなくなり次第終了とのことです。

良かったら飲んでみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です