恵比寿のかき小屋で食べ放題にせず普通に頼んでみたら最高でしたという話

彼女と秋山ちゃんと「牡蠣食べようぜ!」というテンションになったので恵比寿の「かき小屋」へ。

牡蠣はアラカルトで色々食べると幸福度が高まる

DSC01226
店先。

恵比寿駅から10分ぐらい歩きます。お店の近くまで行くと磯のものを焼いた香りが漂ってくるので自分の嗅覚を信じてたどり着いてください。

DSC01227
看板。

DSC01205
焼き台。

IMG 7915
一人600円課金することによって「飲み物の持ち込み」というコマンドが使えるようになります。お好みのビールやワインや日本酒を持ち寄って泥酔しましょう。

DSC01207
発泡スチロールに氷と水を入れたものを用意してくれるのでずっとキンキン。

お酒が足りなくなったら徒歩20秒ぐらいのところにサークルKがあるのでいつでも補給可能です。安心してください。

DSC01208
蒸し牡蠣&蒸しムール貝。

iPhone買ったときってフタ開けたら説明書や保証書なんかすっ飛ばしていきなりiPhone本体が目に飛び込んできて興奮するじゃないですか。アレと同じ原理で、つまりどういうことかというとこれがお通しです。しょっぱなから感動体験。

DSC01210
生牡蠣もありますし

DSC01211
牡蠣フライもありますし

DSC01213
焼き牡蠣もありますので、延々と食べ続けることができます。

調理法によって表情を変えるので飽きない。生牡蠣が一番好きです。

DSC01212
このようなオリジナル軍手が一人ひとつ支給されます。熱い殻を剥くときも安心。

しかしながら焼きたての牡蠣を皿に運ぶ際は傾けないように注意しましょう。中から灼熱の牡蠣エキスが溢れ出てきます。軍手では防げない。

DSC01215
「想像以上に中身小さいんやけど!!!!」

とか言いながら盛り上がるのがオススメです。

DSC01217
バターコーン。

DSC01221
牡蠣のガーリックバター焼き。

DSC01224
〆の牡蠣めし。

これがもうめちゃくちゃおいしくて、醤油漬けされた牡蠣と出汁とにんにくの香りと刻んだ野沢菜の食感のアンサンブルがアレしてました。

持ち込んだお酒、持ち込み代、食事代などすべて合わせて1人4,000円ぐらい。4,000円でこの幸福感が得られるというのはなかなかいいお金の使い方ではないでしょうか。

1人100分3130円で焼き牡蠣食べ放題のコースもあります。が、3人で行って600グラム1,200円の焼き牡蠣を2回注文した時点で「焼き牡蠣はもういいよね」ってなったので普通に注文したほうが色々食べれてよいという結論にいたりました。何かの参考にしてください。

かき小屋 恵比寿

場所:東京都渋谷区恵比寿1-26-14 ACTビル 1F
TEL:050-5869-6492

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です