川越市の「みどりや」で昔ながらの太麺やきそばを食べよう

川越市のB級グルメと言えば太麺やきそば!

大阪から出てきて初めて太麺の焼きそばの存在を聞いた時は「なにそれ」という乾いたリアクションしかできなかったのですが、食べてみるとこれがうまい。なんか記憶に残る味&食感で、一度食べると定期的に食べたくなる謎の中毒性があります。

というわけで今回はクラシックスタイルの昔ながらの太麺焼きそばを食べに行ってきました。

「みどりや」は太麺焼きそばを食べられる駄菓子屋さん

DSC01361
店先。

川越第一小学校の目の前にあります。川越市立中央図書館から徒歩で3分ぐらい。

DSC01379
看板。

DSC01369
お店の奥にイートインスペース的なものがあります。昭和。

DSC01368
太麺焼きそばのお値段。

「注文を受けてから焼くからね。ちょっと時間かかるけど温かいのを食べてほしいからちょっとまってね」とお店のおばあさん。優しいオーラがにじみ出ています。

DSC01372
焼きそば特大! ソースの匂いが香ばしい。

特大と言っても馬鹿みたいなドカ盛りではないです。成人男性なら特大サイズでちょうどいいぐらい。

DSC01371
細かく刻まれたキャベツと何かのひき肉が入ったシンプルな構成。うまい!

人間の70%は水分と言いますが、大阪でたこ焼きばっかり食べて育った僕の場合はそのうち20%ぐらいはソースでできてると思うんですよね。

そして同じソース味の太麺焼きそばを幼少時代から駄菓子屋で食べて育った川越市民の方とは通じる何かがあるような気がします。

共通の価値観や好みといった深い親和性のある相手のことを「ソウルメイト」と呼びますが、大阪人と川越市民はより高度な次元である食の調味料のレベルで親和性があり、これは「ソースメイト」と呼べるのではないでしょうか。

はい。

DSC01362DSC01365DSC01366DSC01364DSC01367
店内はこんな感じで駄菓子やおもちゃで溢れています。懐かしさで胸がキュンとなる。

DSC01380
ヤングドーナツ。つい買いました。小学校3年生ぐらいの記憶を想起させるとびきりの甘さ。いつまで経っても変わらないでほしい味。

川越市 みどりや

場所:埼玉県川越市郭町2-1-3
TEL:049-224-0079
トリップアドバイザー:みどりや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です