日帰りで奥多摩行ってきた! 東京都内とは思えないほど自然豊かでマイナスイオン浴び放題マジ最高

BUTTOさんの「どっか遊びに行きましょう!」というお誘いで急遽奥多摩へ。ノープランで突然レンタカー借りて行き当たりばったりの日帰り旅行。

奥多摩、マジで最高でした。男二人の小旅行楽しすぎ!

レンタカーをゲットして埼玉から奥多摩へ

DSC01668
ニッポンレンタカーで乗用車をゲット。12時間で8,000円ぐらいで安くてびっくり。車詳しくないので車種とかよくわかりませんが、黒い車ですね。

DSC01671
まずは狭山のパーキングエリアで休憩。

DSC01672
入間ミートポークメンチが美味しそうです。

DSC01674
美味しいです!

そして奥多摩へ。途中渋滞に引っかかったりして往路は4時間近くかかったのですがノーストレス。車内でなんかかんやとトークしてたら渋滞なんて一瞬。

BUTTOさんの話は面白くて、近況報告や最近ハマってることなんかをテーマにお話しているだけで楽しかったです。

BUTTOさんは最近「肉屋でいい肉を買ってすき焼きにして食う」ということがマイブームらしくて、話聞いてるだけですき焼きが頭から離れなくなったので近いうちに真似することにします。

あと最近親知らずが生えてきて痛いとのことです。痛み止め飲んでました。

奥多摩ついた

DSC01767
そうこうしているうちに奥多摩に到着しました。青梅で高速を降りてそのまま下道を進んで山道を登るだけ。運転してたので写真撮れませんでしたが、途中の山道の景色がそれはそれは最高でした。

BUTTOさんは5秒に1回ぐらい「スゲー!!」って言ってました。僕も同じ頻度で「スゲー!!」って言いました。二人揃ってアルツハイマー並の語彙力です。

日原渓流釣り場でニジマス釣って食べるぞ!

DSC01677
さて、本日のメインイベント。渓流でニジマスを釣ります。そして食べます。

DSC01683
トトロ出てきそう!

DSC01687
日原渓流釣場の開設期間は3月1日〜11月30日、入漁時間は8:00から17:00までだ!

10:00と13:00に放流してくれるのでそのタイミングで行くと釣れやすいでしょう。

DSC01688
各種料金など。

DSC01689
入漁券といくらを手に入れました。

DSC01690
釣竿を装備して釣る気マンマンなBUTTOさん。

DSC01692
いざ入漁! 大自然最高ううウウウゥゥゥゥ!!!!

あ、ちょっと肌寒いので上着持って行った方がいいです。

DSC01694
さて、始めましょう。

BUTTOさん「何賭けます?」
僕「なんでもいいですよ。肝臓でも肺でも。臓器なら出来れば2個あるやつがいいですね」
BUTTOさん「負けた方が昼飯代を出すことにしましょう」
僕「のぞむところだ!」

DSC01706 2
これが俺の…斬魄刀…。

DSC01701
餌付けるの忘れてました。いくらつけた。

DSC01702
これは確実に釣れるやろ! と思ったところを狙いますがなかなか釣れません。

DSC01704
「逆に流れが速いところで泳ぎまくってる魚の方がお腹空いてて餌に食いつくのでは?」という仮説のもとにこういう急流を狙いますが全く釣れません。

ヤバい。このままだと負けてしまう。くそっ! どうすれば…! そうだ! 文明の利器を使おう! こんな時でも安心。そう、iPhoneならね。

というわけで「ニジマス 釣り方 コツ」で検索 → 圏外でした。

ソフトバンクてめえこの野郎!!

そうこうしているとBUTTOさんの竿がしなりました。

BUTTOさん「うおおお!!! ついに食った!!!!」
僕「すげえ! おめでとうございます!(糸切れろ糸切れろ糸切れろ糸切れろ)」

ブチン

BUTTO「あああぁぁぁ逃した!!!!」
僕「よっしゃぁ!!!(うわーそれはかなり悔しいですね! 次頑張りましょう!)」

白熱しすぎて本音と建前が逆になるレベル。

負けたくない!

〜5分後〜

DSC01708
このドヤ顔である。

BUTTOさん「余裕だわ」
僕「ギギギ…」
BUTTOさん「観音くん、針外すの手伝ってもらってもいいですか? 魚こわい」
僕「女子か」

そんなこんなで渓谷釣りで2時間ぐらいワイワイ白熱しました。めっちゃくちゃ楽しかった。

それでは最終釣果の発表です。

DSC01716
BUTTOさん:5匹。

DSC01715
僕:2匹。

ボロ負け!!!

ぶっちゃけ僕、数ヶ月前に琵琶湖でバス釣りした経験あるし余裕だと思ってたんですよ。

ところがどっこいBUTTOさんの学習能力が異常に高くて、最終的には

BUTTOさん「あ、このへん釣れそうな気がする」

とか言いながら狙ったスポットでサクッと釣ったりして、アンタなんでいきなり才能開花させてんだニジマスの気持ち理解しすぎだろうと思いました。釣り場を後にする頃には完全に漁師のオーラが出ていて、うしろ姿はフィッシャーマン。

BUTTOさん「師匠と呼んでもらえるかな」
僕「師匠、このニジマス焼いてもらいに行きましょう」

ニジマスを捌いて塩焼きにしよう

DSC01718
というわけで魚の処理場へ。

DSC01726
こういう手順書もありますし、

DSC01725
係りの人がやり方を教えてくれるので初めての人でも安心。

係の人「んじゃこんな感じでやってみてください」
僕「はーい」
BUTTOさん「観音くん、俺の分も捌いてもらってもいいですか。生きてる魚やっぱりこわい」
僕「だから女子か」

というわけでニジマスを捌きます。

DSC01730
まずエラを持ちます。こうすると魚が暴れない。

DSC01727
んで肛門にナイフを入れて頭部に向けて刃を進める。

DSC01732
んで内臓全部取って洗う。

終わり。かんたん。

捌いた魚は小屋に持って行って串打ちしてもらいます。1匹100円。

DSC01736
これを

DSC01737
こうして

DSC01766
こうじゃ!!

うっめえ!!

  • さっきまで生きてた
  • 自分で釣った
  • 自分で捌いた
  • 炭火で焼いた

などなどあらゆる要因が重なり合った結果とにかくうまいです。最高すぎる。

ちなみに焼きあがるまで15分から20分ぐらいかかるので、待っている間に上流の方に行くといいです。

DSC01754
やたらと大きい岩や

DSC01760
自然の猛威

DSC01756
RPGならHPとMPが全快になるタイプのセーブポイントがあります。

DSC01742
そしてこけざんまい!

そんなこんなで釣り場を後にして次なる目的地、温泉へ。

ちなみに釣り場からすぐのところに鍾乳洞もあるのですが駐車場いっぱいだしめんどくさくなったので今回はパスしました。

「もえぎの湯」で疲れた体を癒そう

DSC01769
もえぎの湯!

森の緑に囲まれたヒノキづくりの露天風呂が最高でした。

泉質はフッ素温泉とのことで、ヌルヌルというかトロトロな感じです。かなり滑るので注意しましょう。僕の目の前でヒノキ風呂のフチを歩いていたオッサンが思いっきり滑って転んでそのままの勢いで入浴してました。

「いや全然滑ってないけど? いつも湯船にはこうやって入ってますけど?」みたいな顔をするな。

ちなみにもえぎの湯は刺青OKです。スタッフさんに確認しましたが「うちは大丈夫ですよー」とのことでした。よかったですね。

DSC01777
お風呂上がりの牛乳 is うまい!

DSC01774
なめこそば! ぬめぬめで美味しい!

DSC01772
ヤマメのお造り。部位によってサーモンみたいな味がしたり白身魚みたいな味がしたりして面白い!

まとめ:奥多摩最高

というわけで奥多摩観光 feat. BUTTOさんでした。楽しかった!

埼玉で朝9:00にレンタカー借りて1日遊び尽くして20:00には返却できたので、日帰り旅行にかなりオススメです。東京で一番好きなスポットになりました。また行きたい。

BUTTOさん、また遊びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です