ZOOM TAC-2からプチプチとクリップノイズが聞こえるので直した

ZOOM TAC-2というオーディオインターフェースを使っているのですが、iTunesで音楽聴いてるときやAbletonで曲作ってるとき、いつからかプチプチとノイズが乗るようになりました。困った。

特にAbletonを立ち上げながらiTunesで音楽聴いてるときにそのノイズが顕著に出てプチプチ鳴りまくるので大変。

そこで以下2つの手順を試してみたら直りました。同じ症状で困ってる人はよかったら参考にしてみてください。

1.オーディオ設定ファイルを消す

~/Library/Preferences/com.apple.audio.AudioMIDISetup.plist

に移動してcom.apple.audio.AudioMIDISetup.plistというファイルを削除してMacを再起動。

2.Audio MIDI 設定を再設定する

Macintosh HD > アプリケーション > ユーティリティ > Audio MIDI 設定.app

からフォーマットを設定しなおす。

スクリーンショット 2015 11 12 14 47 42

再起動後はここが192000.0Hzになってたので48000.0Hzに変更。ここを変えるとAbleton側も自動的に同じサンプルレートになりました。

スクリーンショット 2015 11 12 14 49 25
こっちもよんぱちに。

まとめ

二つまとめてやってみたらプチプチうるさかったクリップノイズは完全に消えました。やったね!

あと副次効果として、iTunesで曲再生するときにやたらと読み込みに時間がかかってたのが改善されてすぐ再生されるようになりました。嬉しい誤算。きっとなんかの拍子に設定周りがどこかおかしくなっちゃってたんでしょうね。

もしかしたら1だけでも直るかもしれないし、2だけでも直るのかもしれません。

追記:ドライバのアンインストール&再インストールが一番有効かもしれない

「Safariで動画再生したらノイズがプチプチ鳴る」とか「Lightroomで書き出し中にレイテンシーが発生する」っていう別の状況で同じような問題が再発したのでドライバを再インストールしました。

以下ZOOM社のサイトから最新版のドライバをダウンロード。

zipを解凍したら中に3つのファイルがありますが、まずはアンインストーラーを開いて今入っているドライバをアンインストール。「ZOOM TAC-2 Driver Uninstaller.app」ってやつ。

その後「ZOOM TAC-2 Driver.pkg」を開いて再度ドライバをインストール。これで直りました。よかったよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です