燻製器買ってから何でもかんでも燻製にしてる

燻製機を買ってからというもの毎日燻りまくってます。Dr. Dreよりスモーキンエビデーです。

スモークチキン&スモークチーズ

DSC04876
これは鶏胸肉とチーズです。スモークチキンとスモークチーズを錬成します。

DSC04879
弱火で60度の温燻12分ぐらいで引き上げたチーズ。一晩置くと味が馴染んでさらに美味しくなります。

DSC04882
こちらは出来立てホヤホヤのスモークチキン。

DSC04884
中までしっかり火が通っています。100度の熱燻で25分処理しました。

DSC04885
はい。めちゃくちゃうまい。材料費200円以下の食材が燻製器に入れて30分待つだけでごちそうに変化する。笑いが止まりません。簡単すぎる。

ジャーマンポテト

DSC04890
これはジャーマンポテトです。前回作ったベーコンが少ししょっぱかったので調理したところ、立派なおつまみになりました。カレー味。うまい。

くんたま

くんたまもやりました。

DSC04891
醤油、おろしにんにく、おろししょうが、砂糖、白だしを適当に混ぜたものと大量に作ったゆで卵をビニール袋に入れて冷蔵庫で一晩寝かせます。

DSC04893
一晩寝かせた翌朝の様子です。

DSC04895
すでにこの時点で一品のおつまみとして完成していて、完璧な味玉でした。よく味が染み込んでいてうまい!

DSC04896
さらなる進化を遂げる準備です。燻製器にセットしました。

DSC04898
温燻(60〜80度)で20分ぐらいキメた様子です。

DSC04929
はい。一皿580円ぐらいで出したい。

DSC04930
一切れでビール一缶いけます。今度大量生産することにします。

DSC04938
このくんたま3つを使って彼女がポテトサラダを作っていました。世界で一番うまい。

DSC04939
酒飲みの大人向けな逸品。一皿5980円で売ろう。

DSC05282
くんたまはパンに乗せて粉チーズとマヨネーズかけて焼くとご馳走。

スモークナッツ

DSC04943
ミックスナッツです。

DSC04947
はい。

カシューナッツが一番美味しかったです。ウイスキーとかに合いそう。ピスタチオに期待していましたが大きな変化はありませんでした。殻があって中まで煙が届かないからですね。今度剥いてからやってみようと思います。

スモーク牡蠣

DSC04900
牡蠣です。

DSC04901
日本酒で3分ぐらい茹でます。白ワインでもいいと思います。

3分茹でたら砂糖大さじ1とローレル1枚を放り込んで30分ぐらい放置。

DSC04902
30分後、キッチンペーパーで拭き取って燻製器の網に並べます。ここからさらに1時間放置して乾燥させます。

DSC04905
一時間後の様子です。色が変わっているように見えますが日が落ちて少し暗くなったからで、肉眼で見るとビフォーアフターで同じ色でした。牡蠣は無事乾燥していて、触れるとさらっとしています。

80度の熱燻で25分。

DSC04909
ほう…。

旨味が凝縮された牡蠣に桜のチップのスモーキーさが添加されて、うまく言い表せませんがかなり脳にくる味です。死ぬほどうまい。

この状態でも十分すぎるほどうまいのですがさらなる高みを目指しましょう。オイル漬けにします。

スモーク牡蠣のオイル漬け

DSC04912
粗熱が取れたら煮沸消毒した瓶に牡蠣を全部入れます。写真の瓶が曇っているのは牡蠣の粗熱が取れていなかったからです。僕はこの辺が雑です。ごめんなさい。

DSC04907
にんにくとローレル。あと鷹の爪を一緒に入れます。あ、にんにくは包丁の背で潰してから入れるといいです。

DSC04914
入れました。

DSC04917
オリーブオイルを注ぎ入れます。200mlの瓶のやつを全部入れました。

DSC04922
Oysters in olive oil.

DSC04919
艶やかでいい感じ。このまま2日以上寝かせます。

DSC04934
二日後です。見た目の変化は特にありません。これをトーストに塗って焼くことにします。

スモーク牡蠣のガーリックトースト

DSC04944
はい。

これお友達カップルの秋山ちゃんとほっしーさんを自宅に招いて食事した時に4人で食べたのですがその場にいた全員がかじった瞬間に

うますぎるやろ!!!!!!!!!!!!

ってなりました。牡蠣が熟成されて味がアホみたいに濃厚になってます。時間の力偉大すぎる。48時間の間にこの瓶の中でいったい何があったんだ。

スモーク牡蠣の和風パスタ

DSC04952
牡蠣は残り全部を投入して和風パスタにしました。炒める時は牡蠣をオイル漬けにしたオイルを用います。味付けは白だし、醤油、ポン酢、塩こしょう。分量は完全に勘です。っていうか最初はペペロンチーノを作ってたのですが何度味見しても味が決まらないので諦めて途中で和風パスタに転向しました。

DSC04958
うめえ…!!!!!

スモーク焼きそば

DSC04966
カップ焼きそばですね。

DSC04967
ビフォー。

DSC04968
アフター。

DSC04970
左が燻製したもの、右がノーマルです。

DSC04973
湯切りした後の様子です。

DSC04974
ソース入れたら見た目は完全に同じ。下が燻製UFOです。

燻製すると明確な違いが出て、なんというかお祭りの時の屋台で食べるような焼きそばの味に変化します。

ベーコンとか牡蠣は食材の時点で100だった味力(あじりょく)(攻撃力の味バージョン)が65535になるような革命的な感動がありましたが、焼きそばは100の味力が120になるぐらいのわずかな成長で、「確かにうまいけど毎回手間をかけてやるほどではない」という感じです。1回やったら満足。次はラーメンで試してみようと思っています。

DSC04975
秋山ちゃんとほっしーさんがソーセージをくれたので焼いて丸ごと放り込みました。インスタント食品がご馳走に進化。

まとめ

そんな感じでここ最近は毎日燻製やってます。楽しい。

もし「これ燻ってみてよ」みたいなのあったら教えてください。基本的になんでも燻ってやるぜという気持ちで生きてます。

そのほかの燻製記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です