ラーメン旅 feat.BUTTOさんANCELLさん

BUTTO「ラーメン旅いきましょう」
ぼく「いきましょう!!!」

というわけでレンタカーを借りて美味しいラーメンを求める旅に出かけてきました。

この日の移動をGoogle Mapに入れるとこうなります。

スクリーンショット 2016 02 21 13 30 06

総移動距離は約250キロ。あっち行ったりこっち行ったりして凄まじく効率の悪い移動でしたが、車中の会話が楽しいので特に問題なくて、ANCELLさんが「あ、俺昔ここでバイトしてたんですよね」っていろんなところを通るたびに言ってて、この人の職歴むちゃくちゃだなと思いました。

それでは当日を振り返ってみます。

1杯目 麺屋武蔵 新宿本店

朝一番で新宿の麺屋武蔵へ。

DSC05203
店先。

DSC05207
食券機を目押しするギャンブラーのBUTTOさん。

DSC05212
食券機です。何かの参考にしてください。

DSC05209
店内の様子。全部で15席ぐらい。お昼時は凄まじい行列ができるらしいです。僕らは開店直後、11時半ぐらいに行ったのですがそれでも待ち客がいました。大人気。

DSC05211
武蔵ら〜めん1100円!

魚介系と動物系を配合していて奥深いスープ。柚子を削ったものが入ってていいアクセントになってます。うまい!

ANCELLさんは昔このお店でバイトしてたらしくて「今麺茹でてる人が店長です」とか「麺が茹で上がって湯切りをする時にセイ! セイ! っていう掛け声をしてますがあれはやる人によって微妙に違いがあります」というインサイダー情報を得ることができました。

ぼく「ANCELLさんがセイ! セイ! って言いながら湯切りをするところを今度録音してサンプリングさせてもらいたいんですけど」
ANCELL「俺は湯切りが出来るレベルになる前にバイトやめました」

DSC05213
近隣に駐車場があります。新宿のコインパーキングは狂ったように高くて、45分の駐車時間とラーメン1杯分がほぼ等価。

麺屋武蔵 新宿本店

場所:東京都新宿区西新宿7-2-6
TEL:03-3363-4634

2杯目:らあめん 元(HAJIME) 蓮根駅

2軒目は都営三田線の蓮根駅から徒歩30秒の元(HAJIME)へ。蓮根駅、初めて聞く地名でしたが東京都とのことです。のどかな町でした。

DSC05216
店先。

DSC05214
特塩らあめん950円!

琥珀色のスープがあっさりしててうまい! つみれが異常にうまい! 塩ラーメン好きな人はぜったい気に入ると思う。

このお店には大盛りとか替え玉のシステムがないのでガッツリ食べたい人はサイドメニューで布陣を組むといいでしょう。

ちなみにBUTTOさんはこのラーメン屋には来れませんでした。理由は腹ごなしに打っていたスロットがこのラーメン屋さんのランチタイム終了直前のタイミングで当たってしまったからです。ちなみにANCELLさんは昔その近くのパチンコ屋さんでバイトしてたらしいです。

らあめん 元 (HAJIME)

場所:東京都板橋区坂下2-16-11
TEL:03-5392-9567

食間のデザート:オーガニック・イタリアン VANSAN 鷺沼店

蓮根駅から首都高を駆け抜けて神奈川県は川崎市へ。

首都高、短時間で何度も車線変更しまくらなきゃいけなくて怖い上にチンタラ走ってると後ろからいい車に乗ったオッサンがやたらと煽ってくるのでいきなりサイドブレーキ引いてオカマ掘らせて首押さえながら出て行って「ムチウチですわ」でハイパー臨時収入タイムの想像を巡らせましたが首都高でそんなことやると普通に死ぬ可能性の方が高いのでやめておきましょう。

で、そんな思いでたどり着いたラーメン屋が見事に閉店していたので近くにあったイタリアンのお店でソフトクリームをヤケ食いすることになりました。

DSC05218
僕たちを呼び込んだソフトクリームの看板です。

DSC05219
店内。おしゃれ。

DSC05221
ソフトクリーム500円!

店員さん(美人)と僕たちの運命的な出会いを象徴するかのような濃厚なクリームとラングドシャコーンの運命的な出会い。うまい! んですがこの日は2月2日で、しかもこの時点で夜になってたので普通に寒い。

オーガニック・イタリアン VANSAN 鷺沼店

場所:神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-3-8 菅原スポーツビル 1F
TEL:050-5570-3121

3軒目:近藤家 川崎店

で、BUTTOさんが聞き込みをしてくれて美味しいラーメン屋の情報を入手できました。情報提供者のゆういちさんとわかなさんをfeat.でお迎えして近藤家へ。

DSC05225
看板。家系ラーメンの御三家のひとつらしく、期待が高まります。

DSC05224
ラーメン700円!

海苔、こってりした背脂、しっかりした麺、ほうれん草、チャーシューというザ・家系というフォーメーションでうまい!

定期的に食べにきたくなる味で、ぜひご飯と一緒に食べたいところです。

ぼく「ANCELLさんはここではバイトしてなかったんですか?」
ANCELL「してないです。さすがに遠すぎます」

DSC05223
メニューです。

近藤家

場所:神奈川県川崎市川崎区昭和2-14-10
TEL:044-288-7440

Outro

ぼく「3杯ってキツイと思ってたら意外とイケるもんですね」
BUTTO「確かに。まあ俺は4杯ぐらい余裕ですけど。今からもう一回お店入って同じの注文しようか迷ってるレベルですし」
ぼく「あなた今日2杯しか食べてないじゃないですか。まあ僕は調子良かったら5杯は軽くいけると思いますけど」
BUTTO「あー、コンディションとか考慮するなら俺は6杯いけるかなー」
ぼく「前日から準備して本気出していいなら僕は7杯いけますね」
BUTTO「んじゃ俺9杯いきますよ」
ぼく「あ、僕さすがに9杯は無理なんでBUTTOさん頑張ってください食べてる様子を見守るので全部残さず食べてくださいね9杯はすごいですさすがですフードファイトじゃないですか楽しみにしてますいつにしますか明日でもいいですよ」
BUTTO「え」

〜次回予告〜

「ラーメンは飲み物」

そう語るラーメン王BUTTO。そんな彼が1日に9杯のラーメンの壁についに挑む!

次回『打倒ギャル曽根! BUTTOのラーメン一気飲みDAY! 〜ごちそうさまが、聞こえない〜』

近日公開! ぜったい見てくれよな!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です