集中したいのについSNSにアクセスしちゃう、そんなあなたにSafariの拡張機能「Mindful Browsing」

仕事しなきゃいけないのにFacebookやTwitterについうっかりアクセスしてしまうSNS中毒の皆さんこんにちは!

そういうのを予防できるSafari用の拡張機能があります。使おう!

Mindful Browsing

英語です。以下サイトの「Get it now!」をクリック。

すると自動的にmindfulbrowsing.safariextzというファイルのダウンロードが始まります。ダウンロードできたらダブルクリックしてインストールしましょう。

使い方とか

インストールするとURLバーの左に駐車禁止みたいなマークが出るので、中毒になっているサイトを開いてこのマークをクリックします。

スクリーンショット 2016 03 03 16 53 33

クリック後、そのサイトにアクセスしようとすると、

スクリーンショット 2016 03 03 16 45 38
「お前このサイトブロックしたけど本当にアクセスすんの?」というメッセージが出てきて、10秒待たないとアクセスできなくなります。

この画面が出ることで「あぶねえ無意識にTwitterにアクセスしてたわ仕事頑張るぞ」という気持ちになれます。

ちなみに初期設定はアクセスできるようになるまで10秒間ですが、設定画面のDelay temporary visits byってとこでこの時間を変更できます。最大15分。

スクリーンショット 2016 03 03 16 51 30

逆に「いやマジでTwitterに来たメッセージに今すぐ返信しなきゃ殺されるんだが」みたいな切羽詰まった状況の時はSafariの拡張機能の設定からMindful Browsingを無効化すれば普通にアクセスできるようになります。

「何が何でもアクセスさせねえ」というスパルタな感じではないですが、「そういえばSNSにちょこちょこ時間奪われてるなー」って人は一回入れてみるといいんじゃないでしょうか。

ちなみに間違ってブロックしてしまった時は画面の一番左下にあるUnblock Siteっていうボタンで解除できます。場所わかりにくすぎてめっちゃ探した。

スクリーンショット 2016 03 03 17 14 39

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です