【1ヶ月目】古美術商を営む幼馴染の仕事をいい感じにするためにやったこと5個

あらすじ

  • 幼馴染のたっちゃんが古美術商の仕事を彼女と2人でやってた
  • たっちゃんは仕入れ担当
  • 彼女が事務作業など仕入れ以外の担当
  • それで4年間やってたが、先日破局して彼女が出て行った
  • 何をどうしたらいいのかわからない
  • っていうかパソコンの使い方がわからない
  • 助けて

という電話がかかってきました。

たっちゃん「ホンマにヤバいんやけどwww このままやったら年内にはマジで回らんくなるwww」
僕「とりあえず長野遊びにきたらいいと思う。現実逃避しよう!」
たっちゃん「オッケー明日の朝イチで行くわ」
僕「フットワーク軽いの最高」

んで長野で会って遊びながら詳しく話を聞いてみたところ、古美術商の仕事は普通に生きていたら触れることがなかった業界でなかなか興味深い。そして久しぶりに地元の友達と遊んだ時間がめちゃくちゃ楽しい。これは本気出して手伝ったら人生が面白い方向に進みそうな予感がします。

幼馴染が営む古美術商の仕事をいい感じにするぞ

というわけで6月は僕の空き時間の大部分をたっちゃんのお手伝いに投下することにしました。

僕がやるべきことは以下の2つ。

  • 彼女さんが出ていったことで生じた仕事の穴を埋めつつ
  • たっちゃんの仕事を今までよりもいい感じにする

「いい感じにする」というのは効率化 & 自動化したり、作業環境を快適にしたり、楽しくしたりすることです。

そんなこんなで久しぶりの長期プロジェクトのスタート。楽しくやっていきましょう。

作業スペースの最適化

まず最初にたっちゃんの事務所に行って、仕事内容を詳しくヒアリングすることにしました。

CF3332EE-18B7-42A5-9DDD-EEFA1BD613D0_1_105_c-3
と思ったら事務所内が割とカオス。

僕「言いたいことがいっぱいありますが、3つに絞って言います」
たっちゃん「はい」
僕「散らかりすぎ。デッドスペース多すぎ。なんで座椅子やねん」
たっちゃん「wwww」

46317B51-7386-4527-A13D-6D270B97F394_1_105_c
僕「というわけでデカいデスクを3つ作ります」
たっちゃん「展開が急すぎじゃない?」

52556ED3-3E22-48B8-A464-F9D55B2D36E1_1_105_c
僕「整理整頓して、収納スペースを増やして、デスクワークを快適にする作戦」
たっちゃん「ありがとうございます」

デスクの制作時間は買い出しとホームセンターでの天板カット含めて3時間半ぐらい。使用した工具は長野から持ってきたインパクトドライバー1本だけ。市販のパーツを脚と天板にビス打ちでくっつけるだけなので簡単。

オフィスチェアはDUORESTの結構良いやつ。事務所近くのリサイクルショップで1万円台で売ってたのを買ってきました。このままヤフオクで売ったら送料と手数料考えてもプラマイゼロぐらいなので「実質貯金」の判断で購入。迷う時間は無駄。仕事に必要なアイテムは買ってから考えよう。

撮影スペース最適化

ついでに商品撮影の部屋も整えました。劣化していた背景布を綺麗なやつにしたりスペースを広げたり。

台車を導入して搬入搬出をラクにする

僕「この荷物って毎回どうやって運んでるん?」
たっちゃん「全部手で運んでるよ!」
僕「重くない?」
たっちゃん「重いしダルい!」
僕「台車って知ってる?」
たっちゃん「さすがに知ってるwww ばり馬鹿にするやんwwww」
僕「絶対あった方がいいから今から買いに行こう」
たっちゃん「よろしくお願いします」

〜台車導入後〜

IMG_E2EBCCDACEC6-1 IMG_875EDA5E0ADD-1

買ってよかった of the yearレベルの買い物になったみたいでよかったです。楽な方法はいつだって正解。

カメラ機材買い替え

仕入れた商品をネットで売るためには写真撮影が必要。で、たっちゃんの撮影作業を見ていたら

  • 10年以上前のカメラを使っているためオートフォーカスが死ぬほど遅い
  • レンズに細かいキズが入ってて写りがよろしくない
  • 一眼レフで撮影した後にスマホで再度撮影することがあり、二度手間が発生している

などの課題が。そこで機材をアップデートして、撮影時間の短縮と写真品質UPを同時に狙うことにしました。買った商品と理由は以下の通り。

  • メーカー変わって使い方を覚え直すのは手間なので、たっちゃんが今まで使ってたCanonの新しいやつ
  • 高速オートフォーカス & 高機能手ブレ補正付きなのでミスショットが減らせる
  • 焦点距離25cm、18-150mmのズームレンズもセットでつけたので今までよりも商品に近づいて撮れるはず & 画質も良くなるはず
  • 撮影しながらスマホに画像を自動転送できるアプリが使えるので便利

あと三脚とレリーズもセットで買って送りました。これがあれば商品の位置を調整してピントを合わせ直して……という商品とカメラ間の行ったり来たりの時間を短縮できるはず。

ちなみに機材周りのお金は「落ち着いたら返してくれたらいいよ。最悪落ち着かんかったら返さんでもいいよ」のノリで買って送りつけていたのですが、「いやいや全然経費使えるよー!」とのことだったので後日精算してもらいました。

オークション出品作業をラクにする

商品撮影後はオークションへの出品作業。THE・デスクワークです。元々のワークフローは

  • 一眼レフで撮った写真をPCにインポート
  • 撮影データの明るさやコントラストを一つずつ調整して書き出し
  • Windowsの画像編集フリーソフトでアイキャッチ画像を作成
  • 連結画像を作成してフォトアップというサービスにUP
    • (フリーのサービスのためUPした画像は一定期間経過すると消えてしまう)
  • 出品文を記載

という感じ。たっちゃんはPC関係の作業があんまり好きではないようで、ここはデスクワーク大好きな僕が巻き取ることにしました。僕が入った後のプロセスは

  • たっちゃんが写真をPCにインポート
    • この時点でDropboxで自動的に同期。僕が長野にいてもリモートでデータを見れる
  • Lightroomでいい感じの現像プリセットを作成して撮影データにまとめて適用 & 一括書き出し
  • Photoshopでテンプレートを作って、それを元にアイキャッチを作りまくる
  • 連結画像を作成
    • 画像が消えないように、フォトアップではなく僕が持ってるサーバーにUP
  • テンプレート化した出品文に最低限の追記を施す
  • 画像と出品文の公開はマクロ組んでショートカットキーで一発

という感じ。このあたりの作業の無駄を削ぎ落としつつ、ラクにしていく方法を考えるのがめっちゃ楽しかったです。

ちなみに僕はPhotoshopに苦手意識があってこれまでずっと使ってこなかったのですが、この機会にちゃんと学ぶことにしました。参考書を読んで体系的に学ぶ時間がなかったので、ストアカというサイトを通して、プロの人に「こういう画像を作れるようになりたいです」って伝えてマンツーマンで教えてもらう方法を選択。これが大正解。完全初心者状態から1時間の講座で作りたかったものを作れるようになりました。めちゃくちゃ学習効率が良かったです。

まとめ

会った日に「3ヶ月で立て直そう!」って言ってたのですが、2人で死ぬほど頑張った甲斐あって6月終了時点でほぼ正常化。2ヶ月前倒しで立て直せました。やったぜ。

さて、今回たっちゃんの仕事を手伝って思ったことをまとめておきます。

たっちゃんめっちゃ仕事デキる

この記事では改善したところを中心に書きましたが、それ以外の部分で目にするたっちゃんの仕事能力がマジで高い。

  • 美術品の知識
  • 仕入れの目利き
  • 営業力
  • 問題解決能力
  • 適応力
  • 理解力

などなど、一緒に仕事しながら横で見ていて「あなためっちゃ仕事デキるやん……」って逐一感動しています。

幼馴染と仕事するのはとても楽しい

幼稚園から小中高と同じ時間を過ごした友達と仕事をするのは楽しいです。たっちゃんとは中学生の時にゲーセンで横スクロール型のアクションシューティングゲーム『メタルスラッグ』を一緒にプレイしまくっていた時期があったのですが、なんかその思い出が蘇りました。

メタスラも仕事も一緒。1人だと難しいステージでも2人で協力すれば余裕でクリアできる。個人事業主 × 個人事業主の2P共闘モード。課題はヘヴィマシンガンで一掃しよう。

ITのバックグラウンドを持って非ITの仕事を手伝うと大活躍できる

僕はこれまで米系ソフトウェア会社で業務効率化の仕事をしたり、 フリーランスで四六時中パソコンを使ったりする仕事をしてきました。なので「ITやガジェットを使って課題を解決する」のが割と好き & 得意なのですが、古美術商のようにまだまだIT化が進んでいない仕事でそれをやると

  • 「インポートした画像がDropboxで勝手に同期されるのマジで革命やねんけど」
  • 「リモートデスクトップすごい。なんでこんなこと知ってるん?」
  • 「事務処理能力が百人力レベルを超えてる」
  • 「神様やん」

みたいな感じでちょっとしたことで喜ばれまくります。仕事しててめっちゃ楽しい。

古美術商の仕事めっちゃ面白い

古美術商、美しいものや変わったものや珍しいものが毎日たくさん目に飛び込んできて面白いです。

この仕事を手伝い始めて好きになった画家がいます。熊谷守一。生き方が個性的で、Wikipediaを読むだけで興味を持っていかれてしまいました。興味あったら読んでみてください。

熊谷守一 – Wikipedia

熊谷守一のことを調べていたら豊島区に熊谷守一美術館があるのを今朝知って、ちょうど今日から常設展示を再開したタイミングで、「これは何かの縁」と速攻で行ってきました。

IMG_1896

めっちゃ良かった。猫の絵がかわいい。あと「百合」という作品が不思議な魅力持っててずっと眺めてしまう。いつか倉敷の大原美術館にも足を運んで「陽の死んだ日」を生で見たい。

ちなみに熊谷守一は映画にもなってます。Prime Videoに入ってるのでこれも近いうち観てみる。

今後やりたいこと

最後に今後やることをまとめておきます。

  • 仕入れ関係で効率化できる余地がないか観察する
  • 外注できる仕事がないか考える
  • 事務所内にまだデッドスペースがあるので棚作って収納スペースを拡大する
  • 帳簿をわかりやすいものにアップデートする
  • 仕入れ→管理番号付け→撮影→出品→梱包→発送→売上記帳のフローを一元化してもっとラクにする
  • PC環境をWindowsからMacへ(僕の家に使用頻度ゼロのMacBook Proが1台余ってたのであげた。今月中に初期設定する予定)

という感じ。今月も楽しい仕事ができそうです。がんばるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です