家事を自動化して可処分時間を増やす作戦

可処分時間とか5文字連続で漢字が続く単語を書いたら頭が良さそうな印象を与えられるかなあと思いました。

可処分時間を作り出そう

1日24時間。誰もが平等に持っている時間。なのですが、仕事、通勤、家事、睡眠などなど生活に必要な時間を引くと自由に使える時間って意外と少ない。

例えばサラリーマンの人だと

通勤:往復1時間
仕事:11時間
睡眠:8時間
家事:30分〜1時間

とかでざっくりですが実際に自由に使えるのは3時間ぐらい。少ない!!!
(ちょっと古い統計ですがCITIZENの「ビジネスマン・OLに聞く私の可処分時間」が2.6時間なので大きくは外れていないと思います。)

というわけで、家事に割く時間を減らして可処分時間を増やしましょうという作戦。掃除、洗濯、家事全て自動化するのが今回のミッションです。

掃除の自動化

まずは掃除の自動化。お掃除ロボットを買います。

ベタなのはルンバ。結構お高い。

もうちょっと現実的なお値段のやつはこちら。1万円以下でルンバもどきのお掃除ロボットが買えます。うちでもかれこれ半年以上使ってますがこれで十分。

ラクリトさん買ってからものすごく掃除が楽になりました。っていうかボタン押すだけで数十分後には終わってます。楽とかそういう次元じゃない。もはや何もしてない。

参考:ラクリトさん買ってテンション上がりまくったときのブログ

洗濯の自動化

次は洗濯の自動化をします。乾燥機付き全自動洗濯機というやつ。

スイッチひとつで洗濯→乾燥までやってくれるハイパー便利道具。洗濯物干すのって意外と時間がかかるんですよね。あとなにより雨降ってたり風が強かったりしたら洗濯物干せないっていう外的要因に日常の作業が左右されるのは良く考えるとちょっと大変。梅雨の時期とか台風の時期とか特につらい。

そこで乾燥機付き洗濯機。こいつは洗濯にまつわるプロブレムを一気に解決してくれます。ある程度洗濯物が溜まったらスイッチオン。翌朝洗濯機を開けるとそこには乾燥した服たちが!!

とここまで持ち上げておいて僕これ持ってません。今使ってる普通の洗濯機が壊れたら乾燥機付きの良いやつを買う予定。

あ、ちなみにたたまなくてもシワにならない服(ポリエステル100%のやつとか)を買い揃えれば服をたたむ時間が短縮できて非常に良いです。適当にくるくるっと丸めてクローゼットに放り込むだけでOK。

洗い物の自動化

食洗機ですね。自動食器洗い機。

洗い物は単純にだるいです。冬とか特にだるい。寒い。冷たい。手が荒れる。夏もだるい。暑い。もう本当にめんどくさい。

あと平均的な身長の男性にとっては流し台の高さって微妙に低いので洗い物やってると腰が痛くなるんですよね。もうちょっと高くなればいいのに。身長低い人が台に乗って調整するシステムにするべきだと思う。

と、そんな不満も食洗機があればスイッチひとつで一瞬で解決です。数十分後、そこにはピカピカのお皿たちが!!!!!

実は僕は食洗機も持ってないのですが、喉から手が出るほど欲しい物リストの上位に常に上がっています。置き場所の問題さえ何とかできれば…! いつか引っ越してバカ広いキッチンのお家に住む機会があれば買いたいなあと思っています。

まとめ

というわけで掃除、洗濯、洗い物を自動化する作戦でした。

全部自動化すればざっくり見積もって月に15時間〜30時間もの時間を生み出すことができます。30時間もあったら色々できますね。映画なら10本以上観れるし、楽器や英会話なんかの習い事なんかだと初心者を抜け出すぐらいのレベルまでは行けそう。

家事の自動化で人生が変わる!!!!!

それはさすがに大げさ!!!!!!

けどかなりQOL=生活の質は上がるんじゃないかなあと思います。自動化いいよ自動化。

指パッチンしたら乾燥機付き洗濯機と食洗機が目の前に出現する魔法が使えるようになりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です