フライパンを使ってひたすら弱火で肉を焼けば簡単にレアステーキを錬成できる

相変わらずステーキの研究を続けています。焼き方にいろんな流派があって奥が深い。今回はフライパンを用いてレアに仕上げるやり方でやってみました。

ポイントは

  1. 厚切り(2.5cm以上)の肉を使う
  2. 室温に戻す
  3. ひたすら弱火
  4. 味付けは焼きあがってから

という感じです。やってみると割と簡単で、結婚式とかのコース料理で出てくるしっとりしたステーキが出来上がります。

DSCF0301
というわけでやっていきましょう。今回はサーロインを用意しました。グラム211円。安い。

DSCF0305
厚さです。たぶん3cmぐらいある。

DSCF0306
油をひかずにフライパンの上に置きます。この時点ではまだ火をつけていません。

DSCF0307
肉を置いたら火をつけて一番弱火でキープします。

DSCF0308
90秒ぐらいするとこんな感じで肉汁が出てきます。

DSCF0311
肉から出てくるこの油を使ってじわじわ焼いていきましょう的なメソッドです。

DSCF0313
5分経ったらひっくり返します。蒸したようなしっとり感。

DSCF0314
裏面も同様に出てくる肉汁で焼きます。2〜3分。

DSCF0315
最後に側面の赤い部分をフライパンに当てて焼きます。火力は最後まで変わらず最弱火。

DSCF0316
ひっくり返して焼いて完了。左側に脂がありますがこれは事前の切り落としておけばよかったかもしれない。

DSCF0318
完成。

DSCF0319
切るとこのような。いい感じのレア。大成功。

  • ワサビ
  • ポン酢
  • ガーリックペースト
  • トリュフ塩
  • 柚子胡椒

などであれこれ味を変えながら秒殺しました。カシーナロッサのトリュフ塩は香りが強くて良いです。

この方法、まず失敗しないので良いですね。次回はヒレ肉使ってソースも作りたい。

2 件のコメント

  • ご家庭で焼くステーキで再現性がある焼き方だとAnova+スキレットでメイラード反応起こすor高温油で素揚げが
    安定だと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です