家族でオーストラリアに行ってきた

家族旅行してきました。父親と妹2人と僕の4人でオーストラリアへ。楽しかった。

道のり

シドニーで現地集合してレンタカーを借りて、1週間かけてブリスベンに向かうルートを取りました。オーストラリアは海がとても綺麗。撮った写真がずっと青い。

DSC09759
DSC09756
DSC00048
DSC00056
DSC00078

DSC09961

宿

泊まるところは前日に決めたり、当日行けるところまで行って良さげな街に着いてから探したりしていました。

最近Airbnbで宿取るのにハマってて、オーストラリアも他の国と同様、ホテルよりAirbnbのほうがいい感じの部屋が多かったです。

食事

基本的に自炊していました。海外でよくわからん食材使ってご飯作るの楽しい。

調味料が限られている(というよりほとんどない)ので自宅で作るときとは違うアプローチをする必要があり、いい勉強になりました。具体的には出汁をうまいこと使ったり、缶詰など味の付いたものを味付けに使ったりしたりして、塩胡椒の調整だけで美味しく食べられるメニューを考えるアプローチ。

4人分作るとむちゃくちゃなことができるのがいいですね。卵12個使って枕みたいにデカいオムレツを作ったりしました。

夕食はだいたい僕が作って、朝食は妹と父親が担当。

DSC09777
DSC09786
DSC09905
DSC00045
DSC00042
DSC00124
DSC00126
DSC00127

外食

何度か外食もしました。塩を強めに使うお店が多かった気がします。スーパーで売ってるポテトチップスとかも日本のよりかなりしょっぱかったのでそういう国なんだと思う。

DSC09741
DSC09885
DSC09894
DSC09738

僕はお酒が好きで、妹は僕と同じぐらいの量を飲む人間で、父親は僕の4倍ぐらい強いです。

DSC09907
なので一度の夕食でこのぐらいのビールやワインが空くことになり、家計を直撃しました。

オーストラリアの赤ワインがおいしいのは大発見でした。ワインのこと何にも知らない僕でもうまいと思えるわかりやすいおいしさ。シラーズという品種のやつが特に好み。

観光

シドニー滞在中に行ったブルーマウンテンがよかったです。でかい山はすごい。

今回観光地らしいところに行ったのはここぐらい。

うちの家族は僕含めて全員が観光地を回るよりも知らない地で生活するのが好きなようで、宿の周りを散歩したり、街のスーパーで買い物したり、近場のカフェでぼーっとしたりすることに喜びを感じていました。意外と価値観が合う。

妹の謎写真

いい感じの景色のところに訪れるたびにヨガやってる妹がやたらとポーズをとり始めるので撮影していました。なんなんだこれ。

DSC00003
DSC00070
DSC09876

仕事

今回の旅行中はなんかパソコン開く気になれなくて、iPhoneだけで仕事していました。

仕事場所はカフェや宿のベッドの上や公園の木陰。特に木陰で仕事するのがよくて、カラッとした温暖な気候の中で海外のわけわかんない鳴き声の鳥をBGMにiPhoneで文章打ったりしているとすべてがどうでもよくなって全然はかどらなくて最高です。

DSC00036
これは川のほとりのベンチで仕事してたときの風景。

あとはポーカーで現地通貨を稼いだりしていました。シドニーが本当に勝ちやすかった。あんなテーブルだらけだとしたら1ヶ月で100万円ぐらい普通に稼げると思う。いつか検証したい。

シドニーのカジノ「The Star」でポーカーやってきたので戦績とかプレイの振り返りとかまとめ

2019.03.11

ブリスベンの「トレジャリー・カジノ」でポーカーやってきたので戦績とかプレイの振り返りとかまとめ

2019.03.16

動植物

南半球には綺麗な鳥や変な鳴き声の虫やデカい植物がいっぱい。いいですね。

DSC09911
DSC00033
DSC00098
DSC00106
DSC00120

持ち物

今回は以下の装備で出かけました。よかったら参考にしてください。

旅の持ち物2019

2019.03.16

まとめ

久しぶりの家族旅行。正直来るかどうか迷っていたのですが、来てよかったです。

僕の初めての海外旅行が高校生時代に父親が家族旅行で連れてきてくれたオーストラリアでした。当時は家族全員英語ができなくてツアーの添乗員について行くことしかできなかったのが、成長した子供3人で通訳して、運転して、いろいろ手配して、「おとんは楽しむことだけ考えといて」のノリで連れ回したところとても喜んでもらえたようです。やったぜ。

僕も僕で父親と海外に行くのが楽しいことに気づいたのでこの旅行がシリーズ化することが決まりました。死ぬほど充実した老後生活を送らせるので覚悟してください。次は冬にタイに行きます。

DSC00061

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です