川越観光で食べ歩きするなら『ねこまんま焼きおにぎり』『いも恋』『メンチカツ』の三連コンボをキメるといいよ

川越市役所に用事があったのでついでに食べ歩きしてきました。観光地が近いって幸せ。買い食い最高。

というわけで『ねこまんま焼きおにぎり』『いも恋』『メンチカツ』の三連コンボをお届けします。

中市本店の『ねこまんま焼きおにぎり』

DSC00392
店先。

かつおぶし屋、中市本店の店先で焼いてる焼きおにぎりです。

DSC00394
看板。

DSC00393
看板その2。

DSC00395
看板その3。

DSC00396
はい。

DSC00398
はい。

DSC00400
はい。

DSC00404
はいぃぃぃぃぃぁぁぁあああああ!!!!焼きおにぎり220円!

米が立っててめちゃくちゃ美味しい。立ってるっていうかもう踊ってるレベル。ダンシングライス。

香ばしい焦がし醤油、風味豊かな鰹節、ダンシングライスの大人の三角関係。うめえ…!

今までに食べた焼きおにぎりの中で一番美味しかったです。あと今までに「熱いのでお気をつけください」って言われながら渡されたものの中で一番熱かったです。気をつけてください。

中市本店

場所:埼玉県川越市幸町5-2
TEL:049-222-0126

菓匠右門の『いも恋』

DSC00379
店先。

DSC00380
看板。

DSC00378
時の鐘の真横にあります。

DSC00405
いも恋。買い食いするなら蒸し立てをいただけるぞ!

DSC00406
いも恋! 1個180円!

DSC00408
こんな感じで餡子とさつまいもが入っています。

ほくほくで甘すぎず美味しい…! 川越一番街でおそらく一番買い食いされているであろう一品。

冷蔵で5日ぐらい、冷凍で1ヶ月もつらしいのでお土産に買ってもいいですね。楽天でも買えます。

 

写真撮るの忘れたけどこのお店の2番人気の『からふるぽてと』っていうのも美味しかったです。さつまいもの焼き菓子。また近いうちに買いに行こう。

菓匠右門 一番街店

場所:埼玉県川越市幸町1-6
TEL:049-225-6001

大手前のメンチカツ

DSC00437
店先。電信柱の位置が異常すぎる。

川越市役所のすぐ隣にあります。

DSC00439
メニュー。

DSC00440
数分で揚がるとのことなのでワクワクしながら待ちます。

店主さんと奥さんと出来上がりを待つ間少しおしゃべりしたのですが、「出来立てを食べてほしいから毎回注文入ってから揚げてるのよー。ちょっと待ってもらって申し訳ないんだけどね」って優しい顔でおっしゃってました。いい人オーラ出まくり。

DSC00442
店先には看板金魚も。

DSC00454
メンチカツ160円!

あっつい!ジューシー!うめえ!!!!!

メンチカツってたまに食べたくなるよね!

このお店には他にも川越名物のさつまいもで作ったコロッケとかがあるらしいのでまた色々挑戦してみようと思います。川越市役所に用事があったら毎回寄って全メニュー制覇したい。

大手前

場所:埼玉県川越市元町1-8-25
TEL:049-225-0045

まとめ

以上、川越での食べ歩きでした。池袋から電車で30分ぐらいで来れるのでデートや観光に来てみてはいかがでしょうか。小江戸と呼ばれる昔ながらの街並みが残ってていいところですよ!

関連記事

埼玉県の川越市に引っ越してきて1年経ったから川越市の住みやすさを全力で伝える

2015.08.10

最近人気の記事

2016年下半期は稼いだお金を全部使うことにした
「稼いだお金全部使う」を半年間続けて思ったことと、良かった使い道5つ
2016年に買ってよかったもの94選
2017年に買ってよかったもの27選
【2017年版】おすすめの面白い漫画を237作品まとめたから全力で紹介するよ
つくりおきダブルス | mozlog
モンベルの「ジオライン」と「スーパーメリノウール」両方買って比較したので違いをまとめました
大阪人なのでAmazonのサービスを使い倒してプライム会員の年会費3900円の元を取りに行く
モンベルの「ジオライン」と「スーパーメリノウール」両方買って比較したので違いをまとめました
同棲生活を始めてから2年経ったので生活費とかコツとか買ってよかったものとかまとめ
一年中二日酔いの僕が選ぶ! ウコンの力やヘパリーゼ以上に効くドーピング剤と二日酔いに効果がある食べ物飲み物おすすめ10選
【2016年版】バックパックひとつで暮らす自称ミニマリストな僕の1ヶ月の旅の持ち物リストまとめ
ここ数年でやめてよかったこと12個
フリーランスになってからのあれこれ
「人間を燻製にしたらどうなるのか」という好奇心を満たすために秋田県横手市まで行ってラッパーの狐火さんをいぶりがっこと一緒に燻してきた
大阪の耳かき専門店『玉こん』で耳の穴を大掃除してもらいました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です