映画『プール』の舞台になったチェンマイの「hoshihana village」でユルく2泊3日してきた

タイの北にあるチェンマイという街が好きです。気候とか、ご飯とか、人とか、街の雰囲気とか、まあとにかく全部いい。なのでこれまでふらっと来ては10日間ぐらい滞在したり、旅の拠点にしたり、スケジュール的に厳しくても無理やり2泊したりと、ことあるごとに遊びに来ていました。人生でトップクラスにお世話になっている街です。

で、毎回都市部に宿泊するとさすがに飽きてくるので車借りて郊外の宿を取ったりしていたのですが、今回はもっと郊外へ。チェンマイの市街地から車で30分ほど走ったところにある「hoshihana village」というゲストハウスに滞在してみました。

hoshihana villageのコテージは最高。俺はここに住みたい

hoshihana villageは2万平米ぐらいの敷地にスタイルが違うコテージが点在する形で成り立っています。今回僕らが泊まったのはその中の「カーリー」というお部屋。

R0002162-2
中に入るとこんな感じでめちゃ広い。間取りで言うと2LDKなのですが体感では2LLLDDKぐらい。

R0002161-2
個人的にこの宿で一番のお気に入りポイントがここ。玄関入ってすぐ、リビングルームの一角に10人座ってもまだ余るようなでっかいテーブルエリアがあります。ここで深夜に酒盛りするのがとてもいい。コンビニで買ってきたお酒やお菓子を広げてだらだらおしゃべりすると止まらなくなる。

今回は僕と奥さんと奥さんの友人の3人での滞在だったので、各辺を大きく自由に使ってそれぞれ寝そべりながら恋バナをするなどしました。完全に青春です。

盛り上がったトピックは「女性目線の理想の初デート」。各々が自分の経験や友人から聞いた話などを繰り広げた結果、優勝は「車で綺麗な星空を見に連れて行ってくれた(しかもシートとか温かいものとか用意してくれてた)」で、最下位は「いいお店予約したと告げられて期待して行ったら鳥貴族だった」です。男性の皆さん気をつけましょう。初デートはもっと気合を入れてほしいものだそうです。ふんわり山芋の鉄板焼おいしいよね。

R0002163-2
コテージの話に戻ります。キッチンめっちゃよくないですか。チーク材に白タイル、オープンスタイルのカウンター、間接照明、最小限ながらも洗練された設備、3人同時に調理してもゆとりあるスペース。無敵か?

これまで僕は定住に1ミリも興味がなかったのですが、このキッチンを見て初めて「あ、家欲しい」と思いました。日本でこれ再現したらいくらぐらいかかるんだろうか。見積もりください。

R0002164-2
ちなみにさっきの10人が座れるテーブルとは別にダイニングテーブルもあります。テーブルクロスやカーテンに使われているガーゼっぽいファブリックがまたいい感じに調和してて落ち着く。こういうちょっとしたセンスで滞在中の気分が上がりますよね。

R0002167-2
R0002168-2
寝室です。シングルサイズのベッドが2つに謎のベンチスペースがひとつ。こういうのが2部屋あるので4人で来ても広々使える。

ちなみに宿泊料金は1泊のみだと5,500B、2泊目以降は1泊につき4,400バーツ。今回は2泊したので全部で35,000円ぐらい。料金は1棟あたりの設定なので人数が多ければ多いほどお安くなるシステム。カーリーの定員は4名とのことです。

R0002165-2
R0002166-2
お風呂はこんな感じ。まあこの料金の宿ならこんな感じかな的な。

R0002179-2
部屋を見終えて夜風を入れていたら嬉しい来客が。hoshihana villageの敷地内には何匹か猫がいるようで、その中の1匹がふらっと入ってきてくれました。

撫でさせてくれたり、部屋の鍵のキーホルダーで遊んだり、トイレに立ったらついて来たりと懐っこい。

R0002182-2
最終的には遊び疲れて勝手に寝てました。自由すぎるだろ。

hoshihana villageのご飯食べるところがオープンエアで開放感抜群だし朝食がヘルシーでうまい

R0002192-2
R0002187-2
R0002190-2
朝食会場はオープンエアのダイニング。まだ涼しい時間帯にやわらかな朝日を浴びながら頂くヘルシーなお粥で昨日のアルコールの背徳感をぶっ飛ばそう。

R0002188-2
スムージーもうまかった。バナナスムージー、ミントスムージー、バナナシェイクミルクなどなど街中ではなかなか見ない変わり種のメニューが揃ってます。

hoshihana villageにはプールもあるぞ

R0002208-2
R0002210-2
プールもあります。ちなみにhoshihana villageは小林聡美さんが主演の映画『プール』の舞台になっていて、DVDのパッケージになってるのがここです。

ランチはGrabで頼むのもアリ

hoshihana villageの徒歩圏内にはコンビニもスーパーもレストランもありません。だから出かけようかなと思うとちょっとおっくう。暑いし遠いしダルい。とはいえせっかくの海外旅行だからその土地の名物を食べたりしたい。

R0002199-2
そこで文明を導入します。

R0002201-2
Grab Foodで注文したら10バーツぐらいの配達料で名物のカオソーイが届いて感動。ITは正義だ。

R0002202-2
美味しい香りに釣られてやってきた人です。昨日ぶり。

R0002204-2
R0002205-2
サラダに入ってたエビ食ってたら本気で奪いにくるのかわいい。

まとめ:hoshihana villageは最高

そんな感じで猫や鳥や虫の声に囲まれながらの3日間でございました。時間の流れがとてもゆるやかで最高。次回は10泊ぐらいしたい。っていうかマジで住みたい。

映画の『プール』見たことなかったんですが予告編見たらすげーいい雰囲気でした。プライムビデオに入ってるので近いうち見る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です