iMac Late 2012 27インチ(MD096J/A)のメモリを32GBに増設してみた

友人から「iMac遅いんやけどメモリ増設の方法知ってる?」と連絡がきまして、「できると思う。やったことないけど」と答えまして、やってきました。

iMac Late 2012 27インチ(MD096J/A)のメモリ増設手順

iMac Late 2012 27インチのメモリ増設手順をざっとまとめておきます。過去に同モデルのHDDをSSDを交換したときと比較すると拍子抜けするほど簡単でした。作業完了まで10分もかかりません。


電源ケーブル抜いたらこういう構造になっているので細くて硬いもので押す。今回はそこら辺に転がっていたマイナスドライバーでやりましたが、傷つけるのが怖い人は布を当てましょう。もしくはドライバーのかわりに綿棒を使ってもイケます。


押すとここがパカッと開いて


メモリ部分にアクセスできるようになります。4スロットあって、デフォルトでは4GBのが2枚刺さってました。


両サイドのレバーを外側に広げて下方向に動かすとウイーンって出てくる。元からついてるメモリを全部外す。


今回入れ替えるのはこれ。8GBのやつが2個セットになってます。これを2組買えば4枚で32GBぶん。


全部入れる。普通に刺すだけ。失敗しようがない。

その後カバーを戻して電源コード刺して起動→画面左上のリンゴマーク→「このMacについて」→概要 の「メモリ」が32GBになっていることが確認できれば作業完了です。

ちなみに起動時にビープ音が3回鳴って電源が入らないときはハードウェアのエラーです。メモリ増設作業後にそのエラーが発生しているときは大抵メモリの差し込みが甘いか接触不良。一回全部外して差し込み直せば解決するはず。

以上です。8GBから32GBは段違いの快適度だそうです。僕はこの作業の報酬として旨い寿司をいただきました。WIN-WIN。

iMac Late 2012 27インチ(MD096J/A)のHDDをSSDに換装してみた

2018年11月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です