国内旅行中に旅先のタウンワークを眺めるのが楽しい


京都を旅行しているときにふとバイト情報誌のタウンワークが目に入りまして、「そういえば学生時代読んだなー」という懐かしい気持ちになってつい手にとってしまいました。


パラパラとページをめくるとこれがなかなか面白く、

  • こんな仕事あったんだ
  • この仕事のって時給このぐらいなのか
  • こういう求人を出すってことはこの地域ではこういうビジネスやれば儲かるのでは
  • もし自分が学生時代にここに住んでたらどの仕事するかなー
  • ここで働いたら1日で飽きそう

などなど、いろいろ考えたり夢想したりと結構いい暇つぶしになります。

観光地ならではの求人


たとえば京都はインバウンド観光客の数が半端ないので、それに比例してこういうゲストハウス関係の仕事が多い。フロント業務のほかにもAirbnbっぽい宿のチェックイン対応や清掃の募集もありました。時給じゃなくて登録 & 単発っぽい雇用形態で、1回対応したら2,500円ぐらい。

自分で部屋を貸し出して、こういう現場の仕事を全部バイトの人に任せちゃえば半自動で仕事が回るのでいいなーと思う。最低宿泊期間を1週間とか2週間にしちゃえばチェックイン業務も月数回で済むし。

京都ならではの求人?


ゲーム関連のテスティングやデバッグの仕事が多く目に入りました。あとは餃子の王将の求人が多いです。任天堂や餃子の王将の本社があるからでしょうか。

時給について考えたやつ


介護で時給1,350円は安いよなあと思ったり


コンビニバイトもあんなにたくさんの業務があるのに910円で集まるんだーと思ったり


その一方でもっと簡単そうな作業の時給が1,150円で「こっちのほうがラクじゃね?」って思ったり、「けどすぐ飽きて辞める人多そう」って思ったり。

へーって思った仕事


確定申告の事務補助のお仕事。あれバイトだったのか。カチッとしたお役所だから公務員だけで構成されてると思ってた。

自分には適性がなさそうな仕事


ランプが光った棚からモノを取るだけの単純作業。勤務初日の数時間で飽きて昼休み中に脱走して着信拒否する自信がある。

今回のイチオシの仕事


全ページ読んで、「ここで働いてみたい!」と思った仕事がこちら。遺跡の発掘スタッフ。日給安めの7,500円だけど絶対楽しい。

「仕事何やってんの?」
「遺跡掘ってる」

って答えられるのめっちゃよくないですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です