iPhoneで文字入力を取り消す際、3本指タップやスワイプで実行できるようになったのが地味に便利

「シェイクで取り消し」の動きが大袈裟なのでもっとシュッとしたい

iPhoneで文字入力していて誤字っちゃって入力そのものをやり直したいときに「取り消し」をすることができます。Macで言うところの⌘ + Z です。

こういうの。これは文字入力後にiPhoneをシェイクする(振る)と有効になる機能なのですが、この動作、毎回ダルいなーと思ってました。なんか大袈裟で、取り消したいだけなのになんで原始人が喜ぶときみたいにモノを大きく振る動作をしなければならないのかと。

「3本指でタップ」で取り消せるようになってた

で、調べてみたらもっとラクで動きの少ない方法がありました。iOS13から「3本指でタップ」で同じ機能を使えるようになったみたい。

IMG_7407
はい便利。3本指でタップすると上のスクリーンショットのように矢印(作業をひとつ前に戻す)が表示されるのでこれをタップするだけ。

3本指で左にスワイプすると一撃で取り消しできるのでもっと便利

ちなみに「3本指で左にスワイプ」で、即座に取り消しされます。めちゃくちゃ便利。

これからは3本指で取り消していく時代

地味な機能ですが、割と使うので覚えておくと便利なのではと思います。バックスペースで消すよりもこっちの方が速いシチュエーションって結構あるんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です