読んだ:『三日間の幸福』

三日間の幸福 (メディアワークス文庫)

「自分の余命を知った人間がどういう行動をするか」という視点の作品が僕はめちゃくちゃ大好物で、この小説もまたそういうものです。

深夜に読み始めたら止まらなくなって、読み終わったら朝になっていました。幻想的で、芸術的で、悲しくて幸せで最高で、不思議な読了感に包まれながらまぶたの裏にいちばんいい景色を映して眠りにつきました。

作者のあとがきには「作品を通して命の価値だとか愛の力だとかについて語ろうという気は、実をいうと更々ないのです」って書いてましたが、思いっきり愛に溢れています。ミヤギが可愛いんです。

ネタバレせずに感想書ける気がしないので物語の内容については触れないでおきますが、この作者さんの語彙とか文節とか言い回しとかがめっちゃツボで読んでてとても気持ちいいのでとてもおすすめです。近いうちに他の作品も読んでみよう。

最近人気の記事

2016年下半期は稼いだお金を全部使うことにした
「稼いだお金全部使う」を半年間続けて思ったことと、良かった使い道5つ
2016年に買ってよかったもの94選
2017年に買ってよかったもの27選
【2017年版】おすすめの面白い漫画を237作品まとめたから全力で紹介するよ
つくりおきダブルス | mozlog
モンベルの「ジオライン」と「スーパーメリノウール」両方買って比較したので違いをまとめました
大阪人なのでAmazonのサービスを使い倒してプライム会員の年会費3900円の元を取りに行く
モンベルの「ジオライン」と「スーパーメリノウール」両方買って比較したので違いをまとめました
同棲生活を始めてから2年経ったので生活費とかコツとか買ってよかったものとかまとめ
一年中二日酔いの僕が選ぶ! ウコンの力やヘパリーゼ以上に効くドーピング剤と二日酔いに効果がある食べ物飲み物おすすめ10選
【2016年版】バックパックひとつで暮らす自称ミニマリストな僕の1ヶ月の旅の持ち物リストまとめ
ここ数年でやめてよかったこと12個
フリーランスになってからのあれこれ
「人間を燻製にしたらどうなるのか」という好奇心を満たすために秋田県横手市まで行ってラッパーの狐火さんをいぶりがっこと一緒に燻してきた
大阪の耳かき専門店『玉こん』で耳の穴を大掃除してもらいました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です