大阪の耳かき専門店「ニューロベリア」で耳の穴を大掃除してもらいました

「耳かき専門店」と聞いて浴衣を着た若い女の子が膝枕でキャッキャウフフって感じの店を想像した方はもう全くわかってないのでヤドカリを両耳に入れてから出直してきてください。
入れましたか? では話を進めます。

今回行ったのは「ニューロベリア」というお店。

月曜日の12時ぐらいに「今日の14時以降で予約とれる時間ありますか?」って電話したら「15時からはいかがでしょう?」って感じでサクッと予約とれました。

そんなわけで心斎橋駅へ。心斎橋駅2番出口を出て直結しているクリスタ長堀の北5番出口から徒歩2分。御堂筋線を使う人は心斎橋駅に到着してから10分ちょい歩くことになるので、余裕持って行きましょう。

IMG 2792
クリスタ長堀の北5番出口を出るとこんな光景が広がってるので右へ。

IMG 2794
ちょっと進むと東迎クリニックの看板が見えてきます。

その2つ隣のビル

IMG 2796
IMG 2797
この9階にニューロベリアがありました。

IMG 2799
エレベーターに乗って

IMG 2800
ドアの前へ。
ピンポン鳴らすと美耳衛生士(びじえいせいし)のお姉さんがお出迎えしてくれます。

店内はこんな感じ。

IMG 2801
IMG 2802IMG 2803IMG 2804

こういうメルヘンな空間に足を踏み入れたのは初めてだったのでちょっとびっくりしました。デザインした人は普段マシュマロとかマカロンばっかり食べてる人に違いない。

 

で!

 

 

IMG 2807
これを耳に突っ込んで

IMG 2806
本邦初公開! ぼくの耳の穴の中だよ!!! 恥ずかしい!!!!! エッチ!!!!!! お嫁に行けない!!!!!!!

「このまま勢いつけて思いっきり首を横に振ったら鼓膜破れるかな…? 破っちゃおうかな…」という誘惑に耐えつつ、お掃除開始。

IMG 2805
綿棒にいい匂いのするオイル? をつけてどんどん綺麗にされます。

 

「耳ってこんなんなってるんですね!!」
「毛が生えとるwwwww」
「うわ!!! 今大きいの取れましたね!!!」
「気持ち良いいいいいいい」

 

とか意味不明なテンションになります。スタッフの方は黙々とお掃除しています。寂しいです。もうちょっと相手してほしい。

今回生まれて初めて自分の耳の中を見たわけですが、「いつもゴワって感じるところはこうなってるのか!」など、実際に自分の目で見ながら感覚を確認できるのは面白かったです。「今日ここに来なかったら死ぬまで耳の中を見ることはなかったんだろうな…」と感慨深くなりますね。

 

耳かきしながら衛生士さんが色々教えてくれたこと

  • 風呂上がりに綿棒でやると耳垢がどんどん奥に行くからやめたほうがいい
  • 毎日耳かきやってるでしょ? 1週間に1回ぐらいにしたほうがいいですよ
  • 鼓膜の部分の耳垢は今日は取りませんが、ほっとくと鼓膜が押し出してくれます
  • 今日から3週間は耳かきしないでくださいねー

などなど。
3週間耳かき無しとか禁断症状で死ぬから無理ですが、なかなか面白い情報を得ることができました。「鼓膜が耳垢を押し出す」と聞いて「なるほどねー」と思って頷いてたんですが、考え直してみるとメカニズムが全くわからない。鼓膜ってそんな勢い良く動くもんなんですか? 「せーの。ホイッ!」みたいな感じで耳垢押し出してたら楽しくて良いですね。電車に乗ってるときにそれが発生したら隣の人に耳垢アタックをお見舞いできます。

他にも耳の中の毛をチョキチョキ切られたり、マッサージしてもらったりして40分間の至福のひととき。
あ、注意点がひとつ。一回一回綿棒を取り替えるたびに使用済みの綿棒は捨てられるので、取れた耳垢は見せてくれません。モニターに映される映像で楽しみましょう。

耳そうじリラクゼーション ニューロベリア

公式HP:http://www.roberia.com/index.html
場所:〒542-0081 大阪市中央区南船場3-3-3 LUOGO333 901号
TEL:06-6241-1660
料金:6000円(耳そうじリラクゼーション40分)
備考:完全予約制なのでコースと時間決めて電話で予約してから行きましょう。

ちなみに今回ぼくは耳そうじリラクゼーション+ジェイドマッサージ(60分7500円)ってやつをお願いしたのですが、ジェイドマッサージ(目を美顔器?みたいなものでぐりぐりされる)はまあ普通に気持ち良かったぐらいで、特に大きな感動とかはありませんでした。

40分耳かきしてもらって6000円。その価値があるかどうかは人それぞれだと思いますが、個人的には超おすすめです。

追記:大阪にあるもうひとつの耳かき専門店、『玉こん』にも行ってきました。

 

ちなみに家では黒綿棒派。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です