ナイフレvol.122でお酒遊びをしてきた

ササクレHIP HOP 2018でお酒遊びをしてきた次の日、突然知らない番号から電話がかかってきました。

僕「はいもしもし」
?「Ettiの松下です」
僕「わ! お久しぶりです!」

Ettiは静岡にあるクラブで、松下さんはそこの店長さん。僕は何度かイベントにDJで呼んで頂いています。

静岡Etti『RAD』でDJしてきた死んだ

2016.02.01

松下「観音さんのブログで渋谷のナイフレというイベントを知りまして、面白そうなので静岡から遊びに来ました。よかったら一緒に飲みませんか?」
僕「wwww」
僕「行きます」

前日のササクレHIPHOPのアルコールのダメージが残っていたので一瞬迷ったのですが馬鹿なので行くことにしました。


右から松下さん、シロさん、ロペスさん、こうだいさん。シロさんが待ち合わせの時点から1.5リットルの白ワイン持ってて爆笑しました。


さすがにこのサイズのドリンクはこっそり持ち込めないのでR-Lounge前で一気飲みしてもらいます。


で、入店して早々これです。松下さんが1万円を全部テキーラに変えてました。頭がおかしい。


ごちそうさまです!


近くにいた知り合いのアーティスト全員に声をかけて飲んでもらっても10ショットぐらい余ったのでANCELLさんにプレゼントすることにしました。






3杯が限界とのことです。おお勇者よ、死んでしまうとは情けない!


暇なので近くにいたケンタロウさんさんにアルコールを飲ませているところです。


「これウイスキーのロックなんですからやめてくださいよ〜〜」とおっしゃっていて、なんか怪しいなと思ったので奪って一口飲んだら普通に薄めのウーロンハイだったのでなんでそんな見栄張ったんですかと追及して追加で1杯飲んでいただきました。


松下さんが「観音さん用のテキーラをください!」という謎の注文をして出てきたやつです。表面張力ギリギリまで注ぐのやめてほしい。


表面直力ギリギリテキーラを作ったのはバーテンのミサさん。かわいいから許す!


全力乾杯タイム


例によってお店から振る舞いテキーラがお客さん全員に渡されました。最高に頭がおかしいシステムだと思いますし、出演者の人たちはタダでテキーラ飲めるの知ってるのに普通にバーカンで別途注文しててとてもハートフルウォーミングアル中です。


先ほどのテキーラで死んだANCELLさんが蘇っていました。復活を祝してほーりーさんからウーロンハイ(濃いめ)が贈呈されます。


ANCELL「濃い!!!!」


僕「ちゃんと混ぜってなかったんじゃないですか? 混ぜましょう」
ANCELL「俺のメガネをマドラー代わりにしないでください!!!」


ANCELL「ほんとなんでこんなことするんですか!!」
僕「メガネがあったから……」
ほーりー「メガネがあったならしょうがない」
ANCELL「オイここにはまともな人間がいねーのかよ!!」


気を取り直して飲んでいただきましょう。


すごい!


ほーりー「やるじゃねえかお前!!!」
ANCELL「ちょっと揺らさないでください!!!!」


ほーりー「すげえよお前は!!!」
ANCELL「ちょ、だから揺らさないでください!!!」


ほーりー「最高だわ!!」
ANCELL「揺らすなっつってんだろうが!!!!」


ほーりー「ごめんね。ショット奢るわ」
ANCELL「」


ウェイ


ほーりー「やっぱ最高だわANCELL!!!!」
ANCELL「だから揺らさ……」


ほーりー「間違いなくお前がナンバーワンだわ!!!」
ANCELL「」


ほーりー「これからもよろしくな!!!」
ANCELL「」


ANCELLさんがログアウトしました。


復活!


イエス!


乾杯!


イエス!


ANCELLさんがログアウトしました。


ログアウトしましたが松下さんによってお姫様抱っこでバーカン前まで連行されます。


ふりだしにもどる


ほーりー「飲もうぜ!!!!」


イエス!


ANCELL「アアアアァァァッ!!」


ほーりー「最高だなお前!」
ANCELL「揺らすのをやめろ!!!」


突然ANCELLさんのライブが始まってフロアのお客さん全員が目を疑った瞬間。さすがのステージングで、呂律が回ってないとかそういうレベルじゃなくマジで何言ってるかわからなくて死ぬほど爆笑しました。年明けてから一番笑ったかもしれない。


写真はあまりの盛り上がりにANCELLさんの服が破れた際の様子です。

ライブ後ANCELLさんが「誰だよ俺の服破ったやつマジで!! 見つけたら絶対殺すからな!!」って言ってました。こわい。僕は破った犯人を知っているのですが晒してなんか問題になったらアレなので犯人の名前のヒントだけ書いておきます。

ヒント:観音クリエイショ◯

現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です