時差ボケ舐めてためっちゃつらい→牛黄(ゴオウ)を飲んで力技で解決した

時差ボケ、モロに食らうとマジでつらいですね。夏バテを5倍ぐらいひどくした感じで、10日間ぐらい体調がバグってて大変でした。

やっとマシになったので自分の体に起きたこととやったことを書きます。

睡眠障害

  • 眠いのに目が冴えて眠れない
  • やっとの思いで睡眠に入っても眠りが浅すぎて30分とか1時間で目が覚めてしまう

という感じで、出た症状の中で一番つらかったです。

拷問の中で最もキツイのが寝かせないことだと聞きますが、それを身をもって体験しました。HPの最大値をガリガリ削られるような恐怖感があります。この症状がもうちょい続いてたら精神もやられていたかもしれない。

食欲不振

  • お腹空いてるのに食べる気にならない
  • いつも美味しく食べてるものが全く美味しく感じられなくてウッてなる
  • 胃袋がずっと空っぽなのでなんか痛くなってくる

10日間で5kgぐらい痩せました。衰弱ってこういうことかと思いながら過ごしました。時差ボケこわすぎ。

注意力散漫

  • 車の鍵をなくす
  • セルフレジでお会計した後クレジットカードを取り忘れて翌日気づく
  • iPhoneを落として画面を割る

という、普段しないようなミスを立て続けにやりました。車の鍵は車の中にありました。ぼーっとしすぎ。

倦怠感

  • 仕事したいのに取りかかれない
  • 細かいタスクを全部先送りにしてしまう
  • 無駄にiPhoneばっかりいじって1日を無駄にする

ダルいの最上級。頑張りたいのに頑張れない。身体と精神がミスマッチしている感覚。

牛黄飲んで無理やり治そう

というわけで大変な症状で、なかなか治らないので牛黄(ゴオウ)を飲むことにしました。

IDSC05382

牛黄(ゴオウ)を飲んで全力で暴飲してみた

2016.02.19

以前上記の記事で詳しく書いたのですが、僕が知る中で最も二日酔い対策に効く漢方です。飲む前に服用するとめっちゃお酒飲めるようになります。

で、上記の実験をした後の体調が自分でも引くぐらい良くなったので「これ飲んだら体調回復して時差ボケごと吹っ飛ばしてくれるのでは」と思って飲みました。

牛黄を飲んだ結果

目に見えて効きました。まず食欲が戻って普段通り食事ができるようになり、その後やる気がじわじわと回復してなんとか仕事に取りかかれる体調まで戻すことができました。

睡眠障害には全く効果がありませんでしたが、牛黄を飲むと少ない睡眠時間しか取れなくてもシャキシャキ行動できるようになるので、「ハッハッハッ! 1時間しか寝てなくてもジムに行くぞ俺は!」みたいな脳筋全開モードに入って文字通り力技で時差ボケのバッドスパイラルから抜け出すことに成功しました。

まとめ

というわけで今後も時差ボケで苦しんだら牛黄に頼ろうと思います。

値段が結構高いのが難点ですが、つらい気分のまま低品質な時間を過ごすぐらいなら喜んで課金します。というわけで買い置きしておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です