和光市にできたジャンクなまぜそば屋さん「ジャンクガレッジ」で全マシしてきた

和光市駅の南口から歩いて3分ぐらいのところに新しいラーメン屋さんができていました。その名も「ジャンクガレッジ」。


店先。緑の看板が異彩を放っている。

メニューはこんな感じ。ラーメン or まぜそばの二択で、それぞれ派生版があります。公式HPのサブタイトルが「クセになる味を追求した、ジャンクなまぜそば」なので看板メニューの立ち位置のまぜそばにしました。注文は食券制。

食券を渡すと「後ほど伺いますので少々お待ちください」と言われたので無料トッピング表を眺めながら大人しく待機。このタイミングで他のお客さんが自分から「全マシで」って注文していましたが、「後ほど伺いますので少々お待ちください」と返されていたので入店後は受け身で流れに身を任せるとよろしいでしょう。

で、数分後に届いたまぜそば(680円)。全マシです。

ニンニクやらチーズやらベビースターやらエビマヨやらの「馬鹿なんですかそんなの入れたらうまいに決まってるじゃないですか」というものばかり入っており、実際うまいです。トッピングのエビマヨが味をリードしているので、エビマヨ好きな人は間違いなく好きになるでしょう。

混ぜるとこんな感じ。

全体的にはハイクオリティなスナック菓子みたいな方向性のジャンキーさ。味濃いけどガツガツいける。うまい。全部ぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べると初めて食べる組み合わせなのに懐かしさを感じるような不思議な味になるのが面白い。っていうかこれ680円って安いなと思いながらすすってたらいつのまにか食べ終わってました。

食後にカウンターに丼戻したら「助かります、ありがとうございます」って言われてなんかいい気分で退店。

まとめると中毒性が高い味です。一度行くとその後は2ヶ月に1回ぐらいの頻度で突然「ジャンクガレッジ食べたい!!」ってなりそう。そういえば胃もたれするかなーと思ったけどしませんでした。

ちなみににんにくパワーで口臭が終わるので、人と会う予定があるときはやめといたほうがいいと思います。フリスクとかブレスケアでどうこうなるレベルではないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です