あん肝ポン酢を自分で作ってみる

魚屋さんに行ったら生のあん肝が陳列されていまして、気づいたら買っていました。

IMG_6446
こういう。手のひらに乗り切らないどっしりとしたサイズ感。これで205円。安い。

IMG_6448
とりあえず太い血管を抜いて薄皮を剥ぐ。

IMG_6449
酒塩水(酒200ml、水200ml、塩10g)に20分ぐらい入れて臭みを抜く。

IMG_6451
キッチンペーパーで水気をとる。

IMG_6453
アルミホイルで

IMG_6454
できるだけギュッと巻いて両橋をキャンディの包み紙みたいに絞る。巻いてる時点ではちょっとユルくて「これ大丈夫かな? 漏れるのでは?」ってなりますがキャンディ絞りしたら最終的にピチッとなるので大丈夫です。

IMG_6455
んで中火で20分蒸す。我が家で使っているかっこいい蒸し器はKAKOMIのこれです。

IMG_6456
あん肝がデカすぎて蓋が閉まりませんでしたが結論から言うと大丈夫でした。蓋浮いててもちゃんと中まで火が通る。

IMG_6457
蒸し上がったらそのまま冷蔵庫へ。5時間ぐらい冷やしました。

IMG_6462
はい成功。

IMG_6463
勝利。

IMG_6467
完全勝利。

日本酒がアホみたいに進み、普通に食べ切ってしまいました。寿司屋でこの量食ったら5,000円ぐらいいくんじゃないでしょうか。

IMG_6470
あん肝を4切れぐらい別にとっておいてチャーハンにしたものです。フォアグラみたいなものが炭水化物と融合したものを食うと人間は一撃で幸せになれる。あん肝は宗教。

KINTOのミニマルデザインな土鍋「KAKOMI」がかっこいい上に蒸し器としても使えるので便利

2019年11月28日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です