贋作を寄贈し続ける男のドキュメンタリー『美術館を手玉にとった男』

有名作品を模写して、その贋作を慈善事業として美術館に寄付し続けるマーク・ランディスという実在した男を追ったドキュメンタリー。金銭の授受がないので詐欺罪に問えない特殊な事件。キャッチコピーは「本物の贋作あげます」。プライム・ビデオで見れます。

『美術館を手玉にとった男』のあらすじ

  • 騙された美術館の人たち
  • 当時のニュース映像
  • 捜査したFBI捜査官
  • ランディスの生活や制作風景

などの映像を紡ぎながら淡々と時間が進みます。ランディスに騙された美術館は驚きの全米20州、計46館。

『美術館を手玉にとった男』の感想をできるだけネタバレなしでざっと

ランディスについて

  • ちょっとした仕草が全部かっこいい
    • 絵の具を取り出す手つき
    • スーパーで買い物カートを戻す動作
    • 冷凍食品をチンする何気ない1シーン
    • 全部いい
  • ぶっ飛んでて行動原理がよくわからない
    • 贋作制作のモチベーションは?
    • なぜ売らずに寄贈する?
    • ある人は「彼の行為自体がアートのようだ」と評する
  • 掴みどころがないのに核心をついたことを言う
  • 多作すげえ

映像について

  • 映像がいい
    • 撮り方も編集も美しい
    • エンドロールかっこいい
  • 音楽がいい
    • 選曲がいい上に使い方が丁寧

『美術館を手玉にとった男』まとめ

週末の夜にしっぽり観るのにいい映画です。イカれてるけどかっこいい大人の物語。こんな人間ほかに見たことない。

最後に個人的にグッと来たシーンでランディスが口にしたセリフを引用しておきます。

「私は芸術家じゃない、ただの図画工作だよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です