マニラの「リゾートワールドマニラ」と「ソレア」でポーカーやってきたので戦績の報告とかプレイの振り返りとか

ポーカー勉強し始めて5ヶ月。フィリピンの首都マニラに飛んで1泊3日で実践をやってきました。時差がそこまでないのに1泊3日なのは宿を取らずに寝ずに打ち続けた日があったからです。さすがに眠すぎた。

この記事では

  • 3日間の戦績
  • マニラのポーカールームの印象と自分が取ったプレイライン
  • 反省すべきミスプレイ
  • 記憶に残っているハイライト的プレイ

をまとめます。

3日間の戦績 in マニラ

IMG_2199

  • 初日:1,650ペソ(3,500円ぐらい)負け
  • 2日目:13,550ペソ(27,000円ぐらい)勝ち
  • 3日目: 1,800ペソ(4,000円弱)勝ち

で、トータル13,700ペソ(28,000円ぐらい)の勝ちとなりました。やったぜ。

マニラのポーカープレイヤーの印象

初日と3日目はリゾートワールドマニラで、2日目はソレアというところでプレイしました。

  • Q8oとか84oみたいなめちゃくちゃなハンドで参加してくる人
  • チップめっちゃ積んでエニハンで3ベット→フロップCB打って降ろせなかったら諦める人
  • AJoでプリフロオールインしてくる人
  • 1枚ストレートが見えているボードでトップヒットだけで最後までついてくる人

などが一定数いるのでそういう人を狙ってプレイしていました。

あとQQ+とかでもリンプインしてくる人が多くて、「あれなんなんだろうね?」って隣のインドネシア人のセミプロっぽいプレイヤーと話してたら「たぶんバッドビートジャックポット狙ってるんだと思うよ。安くフロップ開かせてクアッズ同士でぶつかったりしたらジャックポットで200万とかもらえるから」って言っててなるほどと思いました。

あ、日本人のプレイヤーはオッズの計算がちゃんとできたりアグレッションのギアチェンジをしたりするうまい人が多いので同卓したら常に警戒していました。

マニラで自分が取ったプレイライン

「強いハンドで参加して自分より弱いやつをぶっころす」というプレイラインで打ってました。ステークスは50/100です。

  • しっかりハンド絞る
  • ブラフベットよりもバリューベット重視で
  • AKとかAQで滑ったときはCB打たずにチェックフォールド
    • ボトムヒットとかミドルポケットとかでもついてくるプレイヤーが多いのでブラフ打つと事故る
  • こっちがオーバーペアとかTPTKとかで打ち込んでてターンでリレイズオールイン帰ってきたら即降り
    • たぶん意味不明な2ペアとか作られてて負けてる
  • アイソレートしたいときは5BBぐらいでオープン
    • 3BBとかだとめっちゃついてくるので露骨に俺強いぞアピールするぐらいでいいと思う
  • 200/400とかからうまいプレイヤーが流れてきたり、フィッシュっぽいプレイヤーが少なくなってきたらさっさとテーブルから離れる

という感じです。負ける戦いはせず、勝てるところで勝ちにいくというシンプルなポーカーをやるのが有効だと思います。

今回のミスプレイ

今回の反省プレイをまとめます。

TPTKでオールインコールしてフルスタック持っていかれた

今回1番のミスプレイ。自分BBで相手HJからレイズ。AQでコール。(ここがミス。3ベット返すべきだった)

ボードQ97

チェックチェック(撃つとドンクになるのでチェックで回した)

ターンT

相手ハーフポット打ってきてコール

リバー2

相手オールイン、コール。出てきたのはKJのナッツストレート。

反省点:普段なら絶対コールしないのですが、この日の相手のプレイを見てるとコールしたほうが利益的かなーと思って受けてしまいました。相手の情報をざっくりまとめると

  • ナッシングで3倍レイズしたりリバーブラフオールインしたりするの何回も見てた
  • AA7のボードで僕がA持ってるときにTTでトリプルバレル撃ってきた
  • 直前にAAクラックされたりプリフロレイズに84oでコールした人にツーペア作られてオールイン負け食らったりして明らかにイラついてた

「ここで取れたらデカいな」と思ってしまいましたが、欲かいちゃダメですね。今後こういうのはちゃんと降りたい。

結果論ですが、プリフロップでスリーベット返してたらその場でポット取れてた or フロップでQヒットでベットしてたので降ろせてたと思う。

QQで3ベット返さずコール止め→1枚ストレートのボードになってリバーでフォールド

QQ+で潜って弱いハンドから根こそぎ奪っているプレイヤーがいて、「それ有効なのかな?」と思って興味本位で試してみたのが失敗でした。

T8762

みたいなボードで9持ってたら1枚でストレートが完成するボードになってしまってリバーで降りました。相手9持ってた。こういうボードじゃなければ打ち込んでくるTヒットとかから取れますが、やっぱり強いハンドは素直に3ベット返さなきゃダメですね。

フルハウスでリバーベット→リレイズ返ってきてコール→相手クアッズ

22でフロップでKT2落ちてセット引いて、ターンでTがもう一枚落ちてフルハウスになり、リバーでラグの6落ちて撃ったらリレイズ返ってきて「えーーー」と思いながらコールしたら相手TT持っててクアッズに負けました。悲しい。

けどよく考えたらKTの上フルハウスもありえるし、リバーで撃たずにコールで止めるのが正解だったかも。ほぼ全チップ持っていかれました。リバーで2落ちてたらバッドビートジャックポットで200万貰えてた。そううまくいかないもんですね。

記憶に残っているハイライト的プレイ

フロップフルハウスのスロープレイ

BBでKJ持っててSBからのレイズに3ベット返して相手コール。

フロップ:KJJ

でほぼ勝ち確定。KK以外には勝ってる。KKだと4ベット返されてるはずだから相手はたぶんKK持ってない。

で、相手ドロー大好きおじさんだったからベットしてもいいかもなーと思ってちょっと思考。さすがに撃ったら降りられちゃいそうなのでチェックで回して相手に役作らせるスロープレイのラインを選択。

ターン:T

めでたい。JTやTTが自分より弱いフルハウス、AQやQ9のストレートが完成するいいカード。相手撃ってきてコール止め。

リバー:7

ラグ。相手強めのベット。1分ぐらい迷うふりして4倍レイズ返す。相手も長考して「たまには冒険してみなきゃいかんね」って言いながらコール。相手Q9のストレートでした。勝ち。

オーバーペア降りれた

JJ持っててフロップ256、77-TTの下のペアや78とかのスーコネに向けてバリューベットしたら強めのレイズ返ってきたので1分ぐらい迷って降りました。相手が見せたのは34。ストレート完成してた。危ねえ。

こういうの、少し前まで絶対降りれなかったので成長したと思う。

プリフロップでAKs降りれた

MPでAKsでレイズインしたらボタンにリレイズ返されて、さらにその後ろのSBから4ベット飛んできました。5ベットオールインを返すか検討するためにこれまでの彼のプレイを思い出します。

  • 割とまともに打ってるプレイヤー
  • これまでショーダウンで見せたカードで変なハンドは出てきてない
  • 結構タイトにハンド絞ってる印象
  • 一度AKをコール止めしてるのを見た

考えた結果AAが濃厚(こっちの勝率11.5%)で、よくてもKK(こっちの勝率33.5%)だろうと思って降りました。相手が見せたのはAAでした。降りてよかった。

3人プリフロップオールイン

レイズインしたらリレイズ返されて、さらに横からリリレイズオールインが飛んできました。僕が持ってたのはKKだったのですが、僕の後ろの人にTT-QQ持ってると思わせたら突っ込んできてくれるかなーと思って1分弱考えるふり。その後オールイン。3人目もオールイン。

最初にオールインした人:AQo
その後にオールインした僕:KK
僕の後にオールインした人:AKs

でそのままA落ちずに勝利。大きいポット取れてよかった。心拍数アホみたいに上がってリバー見るまで生きた心地がしませんでした。

まとめ

そんな感じで楽しくプレイしながら勝ててよかったです。ポーカー楽しい。もっと上手くなりたい。

前回

カンボジアのカジノでポーカーやってみたのでプレイの振り返りとか勝ち負けの金額とかまとめ:5〜7日目と総括

2018年12月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です