自宅で無限にハイボールを飲むためにソーダストリームを買った

夏になるとシュワッとしたものが飲みたくなります。んでウィルキンソンの炭酸水を箱買いしてはウイスキーと混ぜてアホみたいな顔して泥酔していたのですが、

  • 場所取る
  • ゴミ分別するのダルい
  • 毎回注文して受け取って箱から出して棚に並べるのめんどくさい

と、3回目の注文ぐらいで「もう無理」ってなりまして、解決方法を考えました。

ソーダストリーム買ったった

DSCF3112
というわけで炭酸水を自宅で生成するマシーンを導入。ソーダストリーム ジェネシス v2という世界守ってそうなかっこいい名前です。

DSCF3115
DSCF3116
かっこいい。

DSCF3114
内容物はこんな感じ。

  • 本体
  • ガスシリンダー
  • ボトル(1リットル)
  • 取扱説明書
  • ユーザーライセンス

です。

ちなみに勝手に3万円ぐらいするもんだと思ってたらAmazonで9,900円でした。意外と安い。

ソーダストリームを使ってみよう

DSCF3119
付属のボトルに水を入れて冷蔵庫で冷やしておいたものをセット。常温で作るとあんまりおいしくない & すぐ炭酸抜けるので微妙。必ずキンキンに冷やした水を使いましょう。浄水器使うのおすすめ。

DSCF3122
んでこのボタンを押すと

DSCF3123
二酸化炭素が充填されて数秒で炭酸水ができます。

DSCF3126
あとはお好みのウイスキーでハイボールにするなり焼酎のソーダ割りにするなりミントとラム入れてモヒートにするなりそのまま飲むなりしてハッピーになるだけ。最高。

ソーダストリームのランニングコストを計算してみる

「どのくらい飲めばウィルキンソンのペットボトルを買い続けるより安くなるんだろうか」と気になったのでざっくり計算してみました。

  • ソーダストリーム公式によると炭酸水を作るのに必要なコストは500mlあたり約18円
    • とはいえ炭酸強めのほうが好みなので1本あたり30円で計算
  • 本体代が9,900円
  • 今まで買ってたウィルキンソンの炭酸水は500mlで1本80円

というわけで1本あたりの金額を計算してみます。

  • 100本:(9,900+3,000)÷100=129円
  • 150本:(9,900+4,500)÷150=96円
  • 200本:(9,900+6,000)÷200=79.5円(ここで元取れる)
  • 300本:(9,900+9,000)÷300=63円
  • 400本:(9,900+12,000)÷400=54.7円
  • 500本:(9,900+15,000)÷500=49.8円
  • 600本:(9,900+18,000)÷600=46.5円
  • 1,000,000本:(9,900+30,000,000)÷1,000,000=30.0099円

という感じでした。100万本飲む頃には1本あたり30円のガス代ほぼ原価のみ!!!!!!! めでたい!!!

はい。200本でウィルキンソンの同じ単価になるので、月20本ぐらい飲むことを考えると10ヶ月ぐらいでペイできそうです。ぶっこわさないように大切に使います。

そのほかソーダストリームのメリット

  • ペットボトルのゴミが減るの最高
    • キャップ外してラベルはがして分別する手間から解放されてうれしい
  • あんまり場所取らない & 電源不要
    • コンセント必要だと思ってたけどよく考えたらボンベから二酸化炭素を注入するだけの簡易的な仕組みでした

ソーダストリームのデメリット:ガスシリンダー交換がめんどくさい

最後にひとつデメリットについて触れておきます。

ソーダストリームのガスシリンダーって廃棄しちゃダメで、ガスがなくなったらお店に持ち込むか、ネットショップで注文して交換してもらう必要があります。数ヶ月に一度の作業とはいえちょっとめんどくさいなーというのが本音。まあゴミ分別するよりマシだと自分を納得させることにしました。

購入を検討されている方は公式サイトの「お取扱店舗」ページでガスシリンダー交換してくれるところの一覧があるので、購入前にチェックするといいでしょう。 うちは近くにいくつか店舗があったのでラッキーでした。

まとめ

そんなわけでこの夏は炭酸水を作りまくってシュワっと爽快に乗り切れそう。

ところで100秒ぐらいガスを充填し続けたら爆発するのかどうか気になって仕方ないんですが自分では絶対やりたくないので誰か試して動画とってくれませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です