アウトドアで温かいお茶やスープを楽しむために、キャプテンスタッグのガスバーナーコンロを導入してみた

今月はアウトドアグッズに投資してサバイバル能力をブチ上げようキャンペーンを実施中。Amazonで便利そうなものを見つけては片っ端から試して、有用なものはどんどん車に積み込んでいってます。今回は調理道具。

キャプテンスタッグのガスバーナーコンロ・クッカーセットを手に入れた

DSCF4606
購入したのはキャプテンスタッグのM-6400という商品。

  • 折りたたみ式のガスバーナー
  • ガスカートリッジ
  • クッカー

の3点がセットになった商品です。

DSCF4609
中身はこんな感じで全体的にコンパクト。

DSCF4618
さっそく組み立ててみました。

  • コンロ部分をパカッと開く
  • ガスカートリッジとコンロをネジみたいな部品でつなぐ

だけ。30秒ぐらいで組み立て完了します。

DSCF4610
付属のクッカーの持ち手は折りたたみ式。

DSCF4611
使うときはこいつを引き出します。

DSCF4614
この鍋は持ち手まで全部ステンレスでできており、熱伝導率が半端ないので火にかけるとめちゃくちゃ熱くなります。なので使用時は軍手かタオル必須。素手で行って熱っつ!! ってなった僕が言うんだから間違いない。

ちなみにお鍋の容量はMAXまでお水を注いで750mlぐらいでした。

キャプテンスタッグのガスバーナーコンロ・クッカーセット「M-6400」の使用感

DSCF4622
実際に使ってみることにします。ガスバーナーセットを持って火気使用OKの公園へ。

DSCF4623
チャチャっと用意して使用開始。結構な火力で、割とすぐにお湯が湧きます。ただ風に煽られると消えてしまうので強風時は風を遮る対策が必要。

DSCF4626
無事に沸騰させることに成功。優雅にティータイムです。最近ハマッているゾネントアのハーブティーを入れてみました。これうまいのでおすすめ。

率直な感想としては、「お湯沸かすだけなら家のポットで沸かして水筒に入れてきたほうが早いな」です。

DSC00867
で、後日料理で使ってみた様子です。奥さんがミルク仕立てのスープパスタを作ってくれました。こういう料理はさすがに水筒で同じようなことができないので、スープをすすりながら「買ってよかった」と思いました。料理に使うまでは「返品しよかな」と思ってました。

M-6400は収納も便利

DSCF4619
ちなみにこのセット、ガスカートリッジをお鍋にそのまま入れることができるようになっており、

DSCF4620
完璧なサイズ感で、

DSCF4621
蓋も閉められます。持ち運び時にひとつにまとめられるのはありがたい。

まとめ

  • 自然の中で安定した火力で調理したい
  • 山頂でカップラーメンを作って食べたい
  • とりあえずのアウトドア調理アイテムを手に入れたい

という人は買ってみてはいかがでしょうか。大自然の中で温かいものを食べられるのは至高。「外で食べるだけでこんなに美味しくなる?!」ってなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です