防寒ブーツ、ソレルのパックナイロンを履いておけば極寒の冬季パラリンピック開会式でも足もとあたたかでした

韓国の平昌で開催された冬季パラリンピックに来ることになり、さすがに普段履いてるパドローネの革靴だと凍死するのではと思って装備品を買うことにしました。


購入。ソレルのパックナイロンというやつです。

早速装備してパラリンピックの競技場を回っているのですがこれ最高ですね。めっちゃ暖かい。

特にパラリンピックの開会式は夜中の屋外だったのでかなり冷え込んだのですが、このブーツのおかげで足先はずっとぽかぽかで、2時間ぶっ通しで座って観てても大丈夫でした。防寒性がものすごく高い。マジで買ってよかった。

機動力も問題なし。粉雪が積もった道でもずんずん進めます。使用限界温度はマイナス40度。強い。もちろん防水。

最初はソレルの中でも1番最強のカリブーってやつを買おうと思ったのですが、調べてみるとカリブーは雪国に住んでる人が使うレベルのものなので東京近郊で生活していると完全にオーバースペック。せっかく所有するんだったら来シーズン以降も使いたいなーと思ってパックナイロンにしました。これでこの先毎年やって来る苦手な冬を乗り越えられるぞ。

ちなみに厚手の靴下を履くことを考えて少し大きめのサイズを買うといいでしょう。僕は普段28.5cmの靴を履いていて、ソレルは29cmでちょうど良い感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です