渋谷の「SUSHI TOKYO TEN、」はディナーのおまかせコースも抜群によかった

SUSHI TOKYO TEN、前回ランチで訪れた際に感動して、「これは絶対にディナーでも利用しなければならない」と思っていたところ、韓国でポーカーの大会で準優勝して賞金が手に入って一時的にお金持ちになったので行ってきました。

R0001009
ビールでデュエルスタート。薄口のグラスがキンキンに冷えてる。

R0001011
食前スープはランチのときにも衝撃を受けたしじみのおだし。水筒に入れて持ち運びたいです。

R0001010
1貫目はマグロ中落ちのトロたく。トロたく考えた人天才だと思う。あとこれ一番最初に出すの前衛的で最高。

R0001012
夜のおまかせコースはお寿司とおつまみが代わる代わる出てくるスタイル。おまかせだと悩むことがないし普段自分が頼まないようなものが出てくるので楽しい。めかぶがとても新鮮でございました。

R0001013
塩とレモンでシンプルに味付けされた水蛸。蛸って生だと噛みきりにくいですが、ここではそれを解決するために包丁を細かく入れてくれています。職人の仕事すごい。

R0001014
アルコールを日本酒にスワップしました。春鹿という奈良のお酒。ドリンクメニューもないので「なんか日本酒適当にお願いします」「辛口が好きです」という曖昧な注文をすると店員さんが見繕って提供してくれます。

R0001015
鰹はからし醤油で。これがさっき頼んだ日本酒との相性がよくて感動しました。これだけで1合空けれる。

R0001016
ゴーヤの浅漬け。さっぱり系。「うっま」って夫婦で感動してたら「しっかり塩揉みするとこんな感じになるんですよね」って板前さんが教えてくれました。今度やってみる。

R0001017
イサキ。季節の魚最高。

R0001018
わさび漬けにしたタラコ。日本酒泥棒です。

R0001019
「焼き上がりです」と提供された赤茄子の揚げ焼き。酒がいくらあっても足りない。

R0001033
なので別の日本酒を追加注文。大七(だいしち)という福島県の蔵元のお酒。すっきり系。どんな肴にも合うオールマイティーな人。

R0001021
太刀魚かっこいい。

R0001022
オクラのおひたし。食感いい。自分で作ったらこんなにいい感じに仕上げられない。

R0001023
九州のカンパチ。柑橘が効いてて味付けがとても好みでした。

R0001025
「柔らかく煮ました」と出された煮蛸。一生噛み続けたいです。

R0001026
アワビも柔らかく煮たやつがまるごと頂けます。昼のコースでも出てきたけど毎回絶対びっくりしてしまう。

R0001028
お口直しの水茄子。食うと口の中が初夏のさわやかな空気になります。

R0001029
かーらーの、富山の白えび。甘くてうまい。

R0001030
んで鱧のおすまし出てきてコース終わりかなーと思ったら

R0001031
いくらが豪快に出てくるわ

R0001032
本マグロの赤身とトロが出てくるわ

R0001034
ムラサキウニとバフンウニの食べ比べが出てくるわで脳の処理が追いつかなくなりました。最後にたたみかける感じズルい。絶対また来たくなる。

R0001036
その後は玉ねぎで巻いたネギトロの手巻き

R0001037
濃厚な出汁が出ているしじみの味噌汁

R0001038
ゆるふわな穴子

R0001039
玉子などが出てきて「え、これもしかしていつまでも続くんじゃないの?」と錯覚するほど大満足のコースでした。

R0001040
最後はかんぴょう巻きで〆。ここのかんぴょうめっちゃ好き。

R0001041
デザートは小玉スイカ。

ここまでのフルコースで7,000円は半端なく安いと思う。超おすすめです。お酒入れても2人で2万円切るぐらい。月1で来たい。ポーカー月1で優勝できるように頑張ります。

一応飛び込みでも入れますが、僕らが行ったときは満席だったので予約していくといいでしょう。ネットで予約できるので便利です。

渋谷の「SUSHI TOKYO TEN、」でランチをキメると確実に幸せになれる

2019年4月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です